« 嫌な女◆桂 望実 (著) | トップページ | もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら◆岩崎 夏海 (著) »

2011.03.23

Story Seller〈3〉◆新潮社ストーリーセラー編集部 (編集)

Story Seller〈3〉

『Story Seller〈3〉 』
(新潮文庫) [文庫]
新潮社ストーリーセラー編集部 (編集)
価格: ¥ 740
文庫: 536ページ
出版社: 新潮社 (2011/01)
ISBN-10: 410136673X
ISBN-13: 978-4101366739
発売日: 2011/01
商品の寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm

 米澤さんの短編が入っているということを米澤さんのブログで知り、図書館で借りました。

 沢木耕太郎 男派と女派
 近藤史恵 ゴールよりももっと遠く
 湊かなえ 楽園
 有川浩 作家的一週間
 米澤穂信 満願
 佐藤友哉 555のコッペン
 さだまさし 片恋

 さだまさしさんははじめて本を読みましたが(レコードは持っていました)、素晴らしいストーリーテラーです。主人公がその一歩を踏み出すことは常識としてはありえないと思いますが、非常識な事件を媒介に違和感なくストーリーを進めていきます。すごいです。
 米澤さんも短編の中で、視点の変更によるどんでん返しを見事に決めています。素晴らしい作品だと思います。
 沢木耕太郎さんの渋いエッセイ、近藤さんはサクリファイスからのドロップアウトのお話し(ミステリではありません)。湊さんはご自身では「悪役が板についた役者が「いい人」役を演じたときに「この人、こんな役もできるんだ、なかなかいいじゃん」と思うような気持ちになっていいただけると、とても嬉しいです。」とありますが、救われるおはなしでした。佐藤友哉さんははじめて読みました。う~む。ハードボイルドなのでしょうか?よくわかりませんでした。

 とても面白いお話がいっぱいで、楽しい時間が過ごせました。

|

« 嫌な女◆桂 望実 (著) | トップページ | もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら◆岩崎 夏海 (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Story Seller〈3〉◆新潮社ストーリーセラー編集部 (編集):

« 嫌な女◆桂 望実 (著) | トップページ | もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら◆岩崎 夏海 (著) »