2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« さよならの次にくる<新学期編>◆似鳥 鶏 (著) | トップページ | 第二音楽室―School and Music◆佐藤 多佳子 (著) »

2011.03.01

本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記) ◆桜庭 一樹 (著)

本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)

『本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記) 』
[単行本]
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 301ページ
出版社: 東京創元社 (2011/1/27)
ISBN-10: 4488024688
ISBN-13: 978-4488024680
発売日: 2011/1/27
商品の寸法: 19 x 13.2 x 3 cm

 『少年になり、本を買うのだ。
 『書店はタイムマシーン
 『お好みの本、入荷しました
 に続く、4冊目の読書日記です。直木賞受賞、結婚という大イベントを経て充実した作家生活を送っている桜庭さんと楽しい(?)仲間たち風になっています。
 実は、僕は『週刊文春』という雑誌がちょっと苦手です。(妙にえらそうなくせに人の悪口ばかり言っているような気がして・・・。特にこの本でもちょっとだけ触れられている「淑女の雑誌より(?)」については、どうしてこんなものを掲載するのか、自己嫌悪に陥らないのか不思議です。自分がスケベなら、スケベで良いじゃん。人の雑誌の記事をつつき回して、『女の人もスケベじゃん』って・・・。あまりに男らしくないでしょ?)
 しかし、今回この本を見て、みんなで○○したりして、編集している人たちは楽しい良い人たちなのだとよく解りました。
 最近、まほろ駅前・・・の連載があることに気付き、カフェでそこだけ読んでいますが、もうちょっと他の記事も読んでみようかなあ。

« さよならの次にくる<新学期編>◆似鳥 鶏 (著) | トップページ | 第二音楽室―School and Music◆佐藤 多佳子 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記) ◆桜庭 一樹 (著):

« さよならの次にくる<新学期編>◆似鳥 鶏 (著) | トップページ | 第二音楽室―School and Music◆佐藤 多佳子 (著) »