« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

天空の陣風(はやて) ◆宮本 昌孝 (著)

天空の陣風(はやて)

『天空の陣風(はやて) 』
[単行本]
宮本 昌孝 (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 262ページ
出版社: 祥伝社 (2010/3/11)
言語 日本語
ISBN-10: 9784396633370
ISBN-13: 978-4396633370
ASIN: 4396633378
発売日: 2010/3/11
商品の寸法: 19.4 x 13.4 x 3 cm

 陣借り平助こと魔羅賀平助の活躍を描く短編集。
 痛快な娯楽時代小説です。楽しんで読めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■3月27日給油しました。

 3月27日 SELF24沓谷店で給油しました。
 
 積算距離計 15,032km 、走行距離 514km 、給油量 33.46L
 T.N.P 15.36 km/L でした。 @152円で、9.89円/kmになります。

 ガソリン、上がりましたねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丘の上の赤い屋根◆青井 夏海 (著)

丘の上の赤い屋根

『丘の上の赤い屋根』
[単行本(ソフトカバー)]
青井 夏海
価格: ¥ 1,680
単行本(ソフトカバー): 341ページ
出版社: PHP研究所 (2010/6/17)
ISBN-10: 4569779999
ISBN-13: 978-4569779997
発売日: 2010/6/17
商品の寸法: 18.8 x 13.2 x 1.2 cm

 東京近郊のコミュニティFM局を舞台にしたお話し。
 昔、エアチェックとかしたけど、あのころカセットテープはもう聞くことは出来ないだろうなあ・・・。
 各章の頭で選曲されている曲をYOUTUBEで探してみました。
 だいたい、3/4くらいの曲を知っている感じですか・・・。洋楽はあまり熱心には聞かなかったので・・・。

 あ、最後に保存するのを忘れたみたいです! 7章のところまでしかありません。・・・がっくり。

■第1章
 Don't Cry Out Loud-Melissa Manchester
 Don't Stop Believin Olivia Newton John
 Don't Give Up On Us David Soul
 Ready To Take a Chance Again Barry Manilow
 Celebration Kool & The Gang
 Ebony and Ivory Paul McCartney and Stevie Wonder
 Starting Over John Lennon

■第2章
 DON'T WORRY BABY B.J.THOMAS
 How Deep Is Your Love Bee Gees
 SILLY LOVE SONGS Paul McCartney & Wings
 Best Of My Love Emotions
 Old Fashioned Love Song Three Dog Night
 Hopelessly Devoted To You Olivia Newton John
 More Than A Feeling Boston

■第3章
 Hot Line Sylvers
 That's the way i like it. KC & The Band
 Video Killed The Radio Star The Buggles
 Summer Nights John Travolta & Olivia Newton-John
 Wild Thing Fancy
 Smoke On The Water Deep Purple
 Don't Stop Fleetwood Mac

■第4章
 What A Fool Believes Doobie Brothers
 She's always a woman Billy Joel
 Strange Way Firefall
 Separate Ways (Worlds Apart) Journey
 SAM Olivia Newton-John
 Last Dance Donna Summer
 You needed me Anne Murray

■第5章
 Who Are You? The Who
 Call Me Blondie
 Hold the Line Toto
 Hot Blooded Foreigner
 A Little More Love Olivia Newton John
 I'M NOT IN LOVE 10cc
 Without you Nilsson
 
■第6章
 Ramblin Man The Allman Brothers
 It Never Rains In Southern California Albert Hammond
 Have You Ever Seen The Rain? Creedence Clearwater Revival
 Angie Rolling Stones
 Jolene Olivia Newton- John
 At Seventeen Janis Ian
 American Pie Don McLean

■第7章
 This Masquerade George Benson
 New Kid In Town Eagles
 Deeper Than The Night Olivia Newton-John
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそろし 三島屋変調百物語事始◆宮部 みゆき (著)

おそろし 三島屋変調百物語事始

『おそろし 三島屋変調百物語事始 』
[単行本]
宮部 みゆき (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 429ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2008/7/30)
ISBN-10: 9784048738590
ISBN-13: 978-4048738590
ASIN: 4048738593
発売日: 2008/7/30
商品の寸法: 18.6 x 13.8 x 3.6 cm

 宮部さん得意の怪異がからんでくる時代物です。
 お話しが少なすぎるの欠点です。もっとたくさんのお話を読みたい。
 ・・・と思っていたら、続編が出ているようですね。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫物語 (白) ◆西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト)

猫物語 (白)

『猫物語 (白) 』
(講談社BOX) [単行本(ソフトカバー)]
西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト)
価格: ¥ 1,365
単行本(ソフトカバー): 308ページ
出版社: 講談社 (2010/10/27)
言語 日本語
ISBN-10: 9784062837583
ISBN-13: 978-4062837583
ASIN: 4062837587
発売日: 2010/10/27

 セカンド・シーズンと西尾さんもあとがきで書いていますが、前作までがあらかじめあった『物語』、ここからが新たに作った物語だということです(作者も知りえぬ物語と書いています)。
 その割に、あと5冊で題名まで決まっていますが・・・。もしかして、もう書き終わっている!?
 西尾さんの筆の速さには感服します。

 この本は、今までと語り部ちがう為、最初100ページほどのお楽しみが無く、ちょっと残念な感じもします。

 このシリーズの感想
 「化物語 上
 「化物語 下
 「傷物語
 「偽物語 上
 「偽物語 下
 「猫物語 黒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら◆岩崎 夏海 (著)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
岩崎 夏海 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 272ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2009/12/4)
ISBN-10: 9784478012031
ISBN-13: 978-4478012031
ASIN: 4478012032
発売日: 2009/12/4
商品の寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm

 とても読みやすい、入門書です。
 普通の小説として読むと、あまりに読みにくい文章(Neは「わざと」そういう風に書いていると評価していました。僕は・・・。)お約束な展開などあまり買えるようなものではありません。しかし、高校の野球部の目的を○○(興趣をそぐと困るので伏せ字にしました)と定義するところなど、経営学の入門書として、とても分かりやすく納得のいくものになっており感心させられました。
 惜しむらくは、最後の落とし込みのところの行動が経営学的に分析されておらず(小説としては、ここでの分析は絶対出来ないので当たり前ですが・・・)、なにかうっちゃりを食ったような気がしてしまうところです。
 とても面白い本です。興味のある方は是非。

 追記)この本は、Neが9年間一緒に学校に通ったRちゃんからお借りしたものです。ありがとうございました。
中学生に本を借りるとは思わなかった。感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Story Seller〈3〉◆新潮社ストーリーセラー編集部 (編集)

Story Seller〈3〉

『Story Seller〈3〉 』
(新潮文庫) [文庫]
新潮社ストーリーセラー編集部 (編集)
価格: ¥ 740
文庫: 536ページ
出版社: 新潮社 (2011/01)
ISBN-10: 410136673X
ISBN-13: 978-4101366739
発売日: 2011/01
商品の寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm

 米澤さんの短編が入っているということを米澤さんのブログで知り、図書館で借りました。

 沢木耕太郎 男派と女派
 近藤史恵 ゴールよりももっと遠く
 湊かなえ 楽園
 有川浩 作家的一週間
 米澤穂信 満願
 佐藤友哉 555のコッペン
 さだまさし 片恋

 さだまさしさんははじめて本を読みましたが(レコードは持っていました)、素晴らしいストーリーテラーです。主人公がその一歩を踏み出すことは常識としてはありえないと思いますが、非常識な事件を媒介に違和感なくストーリーを進めていきます。すごいです。
 米澤さんも短編の中で、視点の変更によるどんでん返しを見事に決めています。素晴らしい作品だと思います。
 沢木耕太郎さんの渋いエッセイ、近藤さんはサクリファイスからのドロップアウトのお話し(ミステリではありません)。湊さんはご自身では「悪役が板についた役者が「いい人」役を演じたときに「この人、こんな役もできるんだ、なかなかいいじゃん」と思うような気持ちになっていいただけると、とても嬉しいです。」とありますが、救われるおはなしでした。佐藤友哉さんははじめて読みました。う~む。ハードボイルドなのでしょうか?よくわかりませんでした。

 とても面白いお話がいっぱいで、楽しい時間が過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌な女◆桂 望実 (著)

嫌な女

『嫌な女』
[単行本]
桂 望実 (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 397ページ
出版社: 光文社 (2010/12/16)
言語 日本語
ISBN-10: 4334927386
ISBN-13: 978-4334927387
発売日: 2010/12/16
商品の寸法: 19 x 13.2 x 3.4 cm

 小説宝石で連絡されていたときは、「ずっとずっと向日葵」が題名でした。主人公は弁護士の「徹子」の方だったのですね。(この本でも、主人公が徹子であることは変わりませんが・・・)
 しかし、単行本化で加筆修正している中で、「嫌な女」夏子の魅力に焦点が移ってしまい、題名の変更となったのでしょうか?
 巨悪はともかく、小悪党の末路は寂しい物にするのが定石だと思いますが、ラストまで夏子は小悪党のまま、(徹子からは)容認されてしまいます。
 楽しく読ませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロディ・フェア◆宮下 奈都 (著)

メロディ・フェア

『メロディ・フェア 』
[単行本]
宮下 奈都 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 256ページ
出版社: ポプラ社 (2011/1/14)
言語 日本語
ISBN-10: 4591122336
ISBN-13: 978-4591122334
発売日: 2011/1/14
商品の寸法: 19 x 13 x 2.4 cm

 化粧、化粧品販売員という僕にはちょっと計り知れない世界のおはなしでしたが、とても楽しく読めました。
 音楽で救える心もあれば、化粧で救える心もあるということなのでしょうか?

 メロディ・フェア動画

 映画と歌詞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉原十二月◆松井 今朝子 (著)

吉原十二月

『吉原十二月』
[単行本]
松井 今朝子 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 326ページ
出版社: 幻冬舎 (2011/01)
ISBN-10: 4344019342
ISBN-13: 978-4344019348
発売日: 2011/01
商品の寸法: 19 x 12.8 x 2 cm

 昨日は静岡はそれほどゆれなかったので、普通に家に帰ってきて、NHKのニュースから流れる東北地方の津波の様子に愕然としました。ニュースを見続けてつい夜更かししたら、今朝は「地震警報」に静岡が出たと起こされ、再びニュース漬けの一日でした。
 午後になって、やっと津波の危険が小さくなって、自衛隊などの救助が入り、犠牲者の数がどんどん増えていくのに暗澹たる気持ちになっていると、福島第一原子力発電所の1号炉で爆発が…というニュースが入り、更にくらい気持ちに…。夜になり、菅首相、枝野官房長官からの説明でそれもなんとか最悪の事態ではないとホッとすると、南三陸町で1万人位の人の安否が確認できないでいるという情報に驚き…。
 とにかく、被害に合われた方に心からお見舞いいたします。何もできませんが、社内で義援金を募ってみることにします。

 さて、「吉原手引草」の続編と言って良いと思います。
 この本では、同じ妓楼でトップセールスを競う、「小夜衣」と「胡蝶」の花魁二人を通じて、吉原の姿を描きます。
二人の意外な転身も含めて、面白く読ませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル・シンデレラ◆姫野 カオルコ (著)  承前

ひとつ、追加で書いておきたいことがあります。

ちょうどこの本を読んだ前日、Neと話をしていて、「大人になるとどんどん時間が短くなる。小学生の頃長かった1年が今ではあっという間に過ぎてしまう…」と僕が言うと、Neは「生きてきた時間との比率の問題ではないか、5歳の子どもの1年は、それまでの人生の1/5だが、50歳の人の一年は1/50なのだから、短く感じるのは当然だ」という意味のことを教えてくれました。まったく、そのとおり。負うた子に教えられるということなのでしょう。

この本の中には、別の理由が書いてあります。宮部さんの見方では、泉が「天啓」を受けたときと言って良いと思います。

《みな同じざんす。そうりだいじん死んでも世の中は困らない。ボクシング世界チャンピオン死んでも困らない。さいざんす。生きて生まれてきた者は全員さいざんす。これあまねく平等、なぜあなた、自分だけ選ばれたごとく嘆くざんす?》
詰問した。
《その人、その人いなくなると、その人じゃない人困らせるために生きていない。生きてる人、生きてるから生きてる。
 あなたこれから中学なる。中学なったら小学ほど一週間長く感じなくなる。高校なったら中学ほど一学期長く感じなくなる。
 なにゆえか。生きてるの、本当はいと短きあいだだから。大人になるの、生きてるの、ほんとうはいと短きあいだなこと理解することだから》
 そして貂に似た人は室内に入ってきた。走り高跳びの選手のように〈はさみ跳び〉でぴょんっと桟を越えた。
《死はすぐそこにあるゆえ、あわて死にするべからず》
死はすぐそこにある、小六の子供は、死の近さをはじめて感じた。
《あなただけない。生きている人、みなすぐそこにある死に向かってるから、怖がらなくてもよいざんす。生きてるあいだは生きてるあいだをたのしく過ごすざんす。
 あなた、あなたない人の靴を履いてはいけない。あなた、あなたの靴で生きているあいだ歩きなさい。さらば、あさにけにかたときさらず、ハッピ過ごせるざんす。ハッピの人のそばにいる人、いやな気分ならない》

重い言葉だと思います。泉が消えるようにいなくなってしまう理由もここにあるように思えます。

 ひとりぼっちのメリー アート・ガーファンクル 動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル・シンデレラ◆姫野 カオルコ (著)

リアル・シンデレラ

『リアル・シンデレラ』
姫野 カオルコ (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 413ページ
出版社: 光文社 (2010/3/19)
ISBN-10: 4334927025
ISBN-13: 978-4334927028
発売日: 2010/3/19
商品の寸法: 19 x 12.4 x 2.6 cm

 大きな感動と救いを与えてもらいました。ありがとうざいました。
 自分の気持を書くより、直木賞(受賞は『小さなおうち』)の選考者のひとり、宮部みゆきさんの選評(「直木賞のすべて」より転載させていただいております)を見ていただいたほうが良いかと思います。

 「(引用者注:「天地明察」とともに)丸をつけて、選考会に臨みました。」「私はキリスト教の「聖人伝」として読みました。倉島泉という黒い子羊が聖人になるまでの物語です。」「読後、自分のなかに溜まっていた自分ではどうすることもできない澱が、いくばくかでもこの作品によって浄化された気がして、静かに涙しました。姫野さん、支持しきれなくてごめんなさい。でも、この小説を書いてくれてありがとう。本を閉じたとき、多くの読者がそう呟くに違いない秀作です。」

 すべての人に、ぜひ読んでいただきたい。本当に良い本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪アパートの幽雅な日常5◆香月 日輪 (著)

妖怪アパートの幽雅な日常5

『妖怪アパートの幽雅な日常5』
(講談社文庫)
香月 日輪 (著)
価格: ¥ 520
文庫: 288ページ
出版社: 講談社 (2011/1/14)
言語 日本語
ISBN-10: 4062768569
ISBN-13: 978-4062768566
発売日: 2011/1/14
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm

 いつもどおりです。とくにコメントはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルニーニョ◆中島 京子 (著)

エルニーニョ (100周年書き下ろし)

『エルニーニョ (100周年書き下ろし)』
[単行本]
中島 京子 (著)
単行本: 258ページ
出版社: 講談社 (2010/12/10)
言語 日本語
ISBN-10: 4062166410
ISBN-13: 978-4062166416
発売日: 2010/12/10
商品の寸法: 19 x 12.6 x 2.6 cm

 中島さんの直木賞受賞後の第1作になります(受賞おめでとうございます。『小さいおうち』も近々読んでみたいと思っています)。講談社の書き下ろし100冊のうちの1冊でもあります。上手くやったな、講談社。
 これまで読んだ本での中島さんの印象は、「頭のいい人」で、ライターをやっていたご経験からか、ユーモアがありながら、理知的な雰囲気が出てきすぎる感じを受けていました。
 この本は、これまで読んだ中島さんの本でははじめてファンタジーでした(やっぱり、とても知性的ですが)。

 主人公の女子大生 小森瑛はパートナーのDVから逃れるため一人旅に出、「小守商店街」にたどり着く。そこであったやはり追われている少年「ニノ」と二人で逃避行を続けることになり・・・。

 これからも中島さんの本は少しづつ読んでいきたいと思います。
 Amazonでは、中島さんのインタビューの動画があります。子守商店街のモデルが○○県にあるなど、読者必見物になっていますので、興味のある方はどうぞ。  動画を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖夜 ― School and Music◆佐藤 多佳子 (著

聖夜 ― School and Music

『聖夜 ― School and Music 』
[単行本]
佐藤 多佳子 (著)
価格: ¥ 1,450
単行本: 232ページ
出版社: 文藝春秋 (2010/12/9)
ISBN-10: 4163297901
ISBN-13: 978-4163297903
発売日: 2010/12/9
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 2.6 cm

 『第2音楽室』に続く 「School and Music」のシリーズ。今度は長編になります。
 主人公の 鳴海は『船に乗れ!』を思い出すような、少し頭でっかちの少年です。敬虔な牧師である父親と生き別れてしまったビアにストの母。キリスト教系の高校で礼拝のためのオルガンを弾く、オルガン部に所属しながら、そのことに強く反発も覚えている。
 音大のオルガン科の大学院に通う、倉田コーチが指導にきて、文化祭でコンサートを開くことになるが…。

 とても良いお話しです。このシリーズでは、音楽(主に楽器演奏)を通して、一体感、達成感、救いなどが描かれていきます。いや~。傑作です。
 あと2編、佐藤さんの中ではストーリーが出来上がっているようです。是非、読みたい。本になるのを心待ちにしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二音楽室―School and Music◆佐藤 多佳子 (著)

第二音楽室―School and Music

『第二音楽室―School and Music 』
[単行本]
佐藤 多佳子 (著)
価格: ¥ 1,500
単行本: 294ページ
出版社: 文藝春秋 (2010/11)
ISBN-10: 4163294902
ISBN-13: 978-4163294902
発売日: 2010/11
商品の寸法: 19.2 x 13.2 x 2.8 cm

 副題のとおり、学校と音楽というお題で作られた4つのお話です。
 「第2音楽室」・・・ふんふん、佐藤さんは子どもを描くと瑞々しくていいなあ。
 「デュエット」・・・短いが、これ傑作じゃね?(Neに読ませてしまいました)
 「Four」・・・おお、さらによい。すごい。
 「裸樹」・・・すごい。すごい。イッキ読み。

 良い本です。これは買おうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記) ◆桜庭 一樹 (著)

本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)

『本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記) 』
[単行本]
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 301ページ
出版社: 東京創元社 (2011/1/27)
ISBN-10: 4488024688
ISBN-13: 978-4488024680
発売日: 2011/1/27
商品の寸法: 19 x 13.2 x 3 cm

 『少年になり、本を買うのだ。
 『書店はタイムマシーン
 『お好みの本、入荷しました
 に続く、4冊目の読書日記です。直木賞受賞、結婚という大イベントを経て充実した作家生活を送っている桜庭さんと楽しい(?)仲間たち風になっています。
 実は、僕は『週刊文春』という雑誌がちょっと苦手です。(妙にえらそうなくせに人の悪口ばかり言っているような気がして・・・。特にこの本でもちょっとだけ触れられている「淑女の雑誌より(?)」については、どうしてこんなものを掲載するのか、自己嫌悪に陥らないのか不思議です。自分がスケベなら、スケベで良いじゃん。人の雑誌の記事をつつき回して、『女の人もスケベじゃん』って・・・。あまりに男らしくないでしょ?)
 しかし、今回この本を見て、みんなで○○したりして、編集している人たちは楽しい良い人たちなのだとよく解りました。
 最近、まほろ駅前・・・の連載があることに気付き、カフェでそこだけ読んでいますが、もうちょっと他の記事も読んでみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »