« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

さよならの次にくる<新学期編>◆似鳥 鶏 (著)

さよならの次にくる<新学期編>

『さよならの次にくる<新学期編> 』
(創元推理文庫) [文庫]
似鳥 鶏 (著)
価格: ¥ 693
文庫: 320ページ
出版社: 東京創元社 (2009/8/30)
ISBN-10: 4488473032
ISBN-13: 978-4488473037
発売日: 2009/8/30
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm

 2年生になった葉山くん、『曲がり角でごつん』と知り合った下級生「佐藤希」さんがストーカーに狙われていることを知り、柳瀬さん等演劇部の面々と犯人捕獲を試みるが・・・。

 このシリーズは学園ものということもありラノベの雰囲気が漂いますが、そこは東京創元社の本ですからきちんとミステリになっており、どんでん返しもきっちり出来ています。
 葉山くんはまだ2年生ですし、強力な下級生も入ってくるわけですから、似鳥さんにはがんばって続編を書いていただきたいと思います。

 〈覚え〉
P181 陸奥圓明流 すまん、読んでいません。
P200 薔薇十字団
P255 ジムノベティ 動画 これ、原田知世の時をかける少女でながれてませんでしたか?

 Patti Pageによる 動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよならの次にくる <卒業式編>◆似鳥 鶏 (著)

さよならの次にくる <卒業式編>

『さよならの次にくる <卒業式編>』
(創元推理文庫) [文庫]
似鳥 鶏 (著)
文庫: 256ページ
出版社: 東京創元社 (2009/6/20)
ISBN-10: 4488473024
ISBN-13: 978-4488473020
発売日: 2009/6/20
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm

 『理由あって冬に出る』に続く、市立高校を舞台にした学園ものミステリ。季節は春を迎え、「伊神先輩」も即行する季節になる。美術部の唯一の部員「葉山くん」(1年)は、演劇部の先輩「柳瀬沙織」さんに絡まれ、芸術棟を追い出されながらも健気に高校生活を営んでいるわけですが、小学校時代の初恋の人、愛心高校の「渡会千尋」さんが事件に巻き込まれていることを知り・・・。

 〈覚え〉
 P12 白金台 カンテサンス
  〃 銀座 ルパン
  〃 六本木 リッツ・カールトン ・・・いや、なんかバブリーな雰囲気ですね。
 P112 ラムココ うまそう。
 P120 JR穴川駅 ここにきて、やっと舞台は千葉県千葉市らしいとわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリアビートル◆伊坂 幸太郎 (著)

マリアビートル

『マリアビートル 』
[単行本]
伊坂 幸太郎 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 465ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/9/23)
ISBN-10: 4048741055
ISBN-13: 978-4048741057
発売日: 2010/9/23
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm

 というわけで、Neが借りてきた『マリアビートル』です。
 『ゴールデンスランバー』もそうですが、こういうふうにたくさんの人が出てきて、それぞれの視点からお話を進行させて面白くしていくのが伊坂さんのスタイルの一つのようです。
 とても面白いお話しでした。

 ところで、東北新幹線の愛称ですが、この本の舞台となる「はやぶさ」は公募で決められたのですが、このとき最も票が集まったのが「はつかり」。第2位が「はつね」だったそうです(「はやぶさ」は7位)。「はつね」は緑色の車体カラーがボーカロイド「初音ミク」とかぶっていたための組織票が入ったようですが、「はやて」とあわせて頭韻を踏んだ愛称で統一してはどうでしょうか?
 (自衛艦には「あやなみ」の名称だけは付けないそうなので、「はつね」も無理かもしれませんが・・・)

 以下、ちょっとネタバレ

 「七○」が「密○」を○してしまう必然性がよく解りませんでした。あと、「王○」の悪辣さはなかなか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラスホッパー◆伊坂 幸太郎 (著)

グラスホッパー

『グラスホッパー 』
(角川文庫) [文庫]
伊坂 幸太郎 (著)
価格: ¥ 620
文庫: 345ページ
出版社: 角川書店 (2007/06)
ISBN-10: 404384901X
ISBN-13: 978-4043849017
発売日: 2007/06
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm

 Neの学校の先生が『マリアビートル』を貸してくれるというラッキーなお話しがあり、そのためには・・・とこの本を買ってきました。私立高校受験日にインフルエンザにかかるという、強運(?)に恵まれたNeは、他の受験生が面接を受けている日にこれを読んでいたようです。

 面白かった。伊坂さんの魅力がぎゅうぎゅうに詰まった1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■給油しました。

 2月20日 SELF24静岡インター店で給油しました。
 今日は、店の人がウインドウォッシャー液とエアコンのフィルターのチェックを申し出てくれましたが、6ヶ月点検をやってからいくらも経っていないのでお断りしました。

 積算距離計 14,518km 、走行距離 501km 、給油量 33.96L
 T.N.P 14.75 km/L でした。 @137円で、9.29円/kmになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由(わけ)あって冬に出る◆似鳥 鶏 (著)

理由(わけ)あって冬に出る

『理由(わけ)あって冬に出る 』
(創元推理文庫) [文庫]
似鳥 鶏 (著)
価格: ¥ 609
文庫: 252ページ
出版社: 東京創元社 (2007/10)
ISBN-10: 4488473016
ISBN-13: 978-4488473013
発売日: 2007/10
商品の寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm

 高台にある「市立高校」の「芸術棟」を舞台にした、青春ミステリです。幽霊騒ぎを謎にしてることが特色でしょうか・・・。
 なかなかユニークな人たちが登場しますが、「古典部シリーズ」や「ハルチカシリーズ」に比べるとおとなしい感じを受けます(主人公の葉山くんがラブコメの主人校風の普通っぽい人なので、余計そう感じてしまうのかもしれません)。
 たぶん、続編ではもっとはっちゃけた動きをしてくれると思います。楽しみに読もうと思います。

<<覚え>>
P17 キース・ヘリング アメリカの画家 美術館
〃 ジャン=ミシェル・バスキア 同じく、アメリカの画家
P18 カクテルパーティー効果 音声の選択的聴取
P19 アッサンブラージュ 一般の彫刻概念から逸脱するような立体作品
P26 シランクス ロード・ドビュッシーにより1913年に作曲された無伴奏フルート作品 動画
P38 グリューネ・ヴァルトの怪物絵図
P56 オーロラマシン
P75 ヴェルディ 「レクイエム」 びっくりした。 動画
P112 膝の中でフジツボが育つわけがない 結構有名な都市伝説なのか? 首無しライダーはデュラララですね。
P136 ウィリアム・ジェームスの法則 法則と名のつくものにはちょっと食指が動きます。
P196 ジャコメッティ 伊坂幸太郎さんのカバーのオブジェを思い出しました。
〃 ヴェネチア・ビエンナーレ 日本でもいろんなところでビエンナーレをやっているようです(静岡でも富嶽ビエンナーレ展とういのをやっていたけれど、やめちゃったようです)
P204 シアタートップッス
〃 大人計画 クドカンさんですか。
〃 ラーメンズ 一度だけTVで見たことがあります。
〃 チームナックス こちらは大泉洋さん。
P208 ワルプルギスの夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背表紙は歌う◆大崎 梢 (著)

背表紙は歌う

『背表紙は歌う 』
(創元クライム・クラブ) [単行本]
大崎 梢 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 240ページ
出版社: 東京創元社 (2010/9/11)
ISBN-10: 4488025366
ISBN-13: 978-4488025366
発売日: 2010/9/11
商品の寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm

 『平台がおまちかね』に続く、「明林書房」の新米営業員”ひつじくん”こと「井辻智紀」を主人公にした書店にまつわるミステリ短編集。
 表題作の「背表紙は歌う」がとても良いお話しでした。

 先日、家電量販店でSONYの電子書籍リーダー「Reader」を見ました。正直言って、「iPad」や「ガラパゴス」で本を読むのは物好きな人だけだと思いますが、「Reader」が進化していけば紙媒体を超えるものが出てくるかもしれません。そんな世の中で書店はどうなって行くのでしょうか?
 (少なくとも、「Reader」は熱くなりません。長く見ていたわけではないので断言できませんが、目の疲れ方も「iPad」などよりも少ないように思えます)

 ラストの書き下ろしに「成風堂書店」が登場します。次はこっちのシリーズが出ると良いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シアター!〈2〉◆有川 浩 (著)

シアター!〈2〉

『シアター!〈2〉』
(メディアワークス文庫) [文庫]
有川 浩 (著)
価格: ¥ 641
文庫: 381ページ
出版社: アスキーメディアワークス (2011/1/25)
ISBN-10: 4048702807
ISBN-13: 978-4048702805
発売日: 2011/1/25
商品の寸法: 15.2 x 10.8 x 2.6 cm

 有川さんの本はやっぱり一気読みになってしまいますね。翌日は睡眠不足です。
 この前読んだ『ストーリー・セラー』以来、少しさめた目で見るようになって、有川さんのポジティブさ(悪くいうとどん欲さ)が目につくようになってはいるのですが、やっぱり面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏 贋作・里見八犬伝◆桜庭 一樹 (著)

伏 贋作・里見八犬伝

『伏 贋作・里見八犬伝 』
[単行本]
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 1,700
単行本: 480ページ
出版社: 文藝春秋 (2010/11/26)
ISBN-10: 416329760X
ISBN-13: 978-4163297606
発売日: 2010/11/26
商品の寸法: 19 x 13 x 3.8 cm

 楽しく読めました。『赤朽葉家の伝説』でも思いましたが、桜庭さんはこういう伝奇的な物語が一番いきいきとしているように感じます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

at Home◆本多 孝好 (著)

at Home

『at Home』
[単行本]
本多 孝好 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 276ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/10/27)
ISBN-10: 4048741365
ISBN-13: 978-4048741361
発売日: 2010/10/27
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm

 僕は本多さんの本がとても好きなので、「WILL」に対する山本周五郎賞選考者たちの評価や、Amazonでのこの本の評価を見ると、ちょっと厳しすぎないかと思えてしまいます。
 この本が良い本であることは誰もが認めることだと思いますが、本多さんならもっと良い本を作ることが出来ると思います。次作に期待しています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折れた竜骨◆米澤 穂信 (著)

折れた竜骨

『折れた竜骨』
(ミステリ・フロンティア) [単行本]
米澤 穂信 (著)
価格: ¥ 1,890
単行本: 338ページ
出版社: 東京創元社 (2010/11/27)
ISBN-10: 4488017657
ISBN-13: 978-4488017651
発売日: 2010/11/27
商品の寸法: 18.8 x 13.4 x 3.8 cm

 「インシテミル」もそうでしたが、米澤さんは「ゲーム」的なミステリを志向している傾向があり、純粋に謎解きとしてミステリを楽しむことを主眼としているところがあるように思えます。
 この本は中世のヨーロッパ(イギリス近海のソロン島)が舞台になっていますが、剣と魔法のファンタジーの世界が描かれています。
 剣と魔法の世界でのミステリは…。とても面白い本になっていますので、ファンタジー好きの人も、ミステリ好きの人もお読みになればとても楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。
 おすすめです。

 「伏」を読みはじめて、桜庭さんの読書日記を読みました。そこに、米澤さんが2度ほど登場しているのでリンクを張っておきます。
 またまた桜庭一樹読書日記 【第6回】(3/3)[2011年1月] 
 またまた桜庭一樹読書日記 【第4回】(2/3)[2010年11月]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICKsIII◆桜庭 一樹 (著)

GOSICKsIII

『GOSICKsIII―ゴシックエス・秋の花の思い出― 』
[文庫]
桜庭 一樹 (著)
文庫: 215ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/1/25)
ISBN-10: 4044281149
ISBN-13: 978-4044281144
発売日: 2011/1/25
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm

 ベルゼブブから学園に戻ってきたヴィクトリカは風邪を引いて図書館へ行けなくなってしまう。一弥はヴィクトリカのために花にまつわる「本」と花をドールハウスに毎日運ぶことになる。
 短篇集です。このシリーズの本来の姿である「安楽椅子探偵」の形式になっています。解決する謎が「過去の物語」である点が特徴です。
 第4話「思い出」が出色の出来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »