« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

柚子の花咲く◆葉室 麟 (著)

柚子の花咲く

『柚子の花咲く』
[単行本]
葉室 麟 (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 320ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2010/6/4)
ISBN-10: 4022507535
ISBN-13: 978-4022507532
発売日: 2010/6/4
商品の寸法: 19.2 x 13.2 x 2.8 cm

 葉室さん、安定していますね。この本もとても良いお話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナグ◆辻村 深月 (著)

ツナグ

『ツナグ 』
[単行本]
辻村 深月 (著)
価格: ¥ 1,500
単行本: 316ページ
出版社: 新潮社 (2010/10)
ISBN-10: 4103283211
ISBN-13: 978-4103283218
発売日: 2010/10
商品の寸法: 19.4 x 14.2 x 2.6 cm

 『太陽の坐る場所』に代表されるように、辻村さんは若い女性に対する目が厳しいように思えます。いや、我々男性が若い女性(特にきれいな女性には)にめっぽう甘いためにそう思えるのかもしれませんが・・・。
 それにしても、他の3編がハートウォーミングなお話なのに、「親友の心得」はだいぶ違うお話になっています。
 最後の「使者の心得」でそれぞれのお話を裏話的に振り返るのですが、いや~、これは酷い。鬼ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月と蟹◆道尾 秀介 (著)

月と蟹

『月と蟹 』
[単行本]
道尾 秀介 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 333ページ
出版社: 文藝春秋 (2010/09)
ISBN-10: 4163295607
ISBN-13: 978-4163295602
発売日: 2010/09
商品の寸法: 19 x 13.4 x 3 cm

 月と蟹というと、クリスマス島の蟹が1年に1度大潮の日に一斉に海にやってきて排卵・受精するのをNHKの番組で見たなあという全く関係のないことが思い出されます。
 大潮の日は満月か新月になります(潮の干満は太陽・月・地球の重力によって起こっているので、3つが一直線上になる新月か満月の日に潮の干満が一番大きくなります)。潮の干満が大きければ、一番沖まで産卵に行くことが出来、一番有利だというのがこの日が選ばれる理由だと思います。潮の流れが大きければ、それだけ卵の移動距離も大きく、子孫を残しやすいのでしょう。
 人の生理が1月に1回なのも、海の中に棲んでいた生物だった頃の遺伝が残されているのではないでしょうか。
 そう思うと人も蟹も、同じ地球の生んだ生物の一つなのだなあと変な感想を持ったりします。

 閑話休題、この本の感想ですが、僕は道尾さんに対して謂われのない「信頼感」を抱いています。道尾さんは暴力を受けているような子供を描くこともありますし、SEXも描くことがありますが、本当にひどいことになるところまでは描かないという信頼です。
 さて、この本では・・・。

 道尾さんにビックリするようなミステリを書いてもらいたい気持ちはありますが、道尾さんの向かうべきところは東野圭吾さんではなく、伊坂幸太郎さんではないかと思います。
 ミステリの枠にとらわれず、もっといろいろなところにチャレンジしてもらいたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

通りゃんせ◆宇江佐 真理 (著)

通りゃんせ

『通りゃんせ 』
[単行本]
宇江佐 真理 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 310ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/10/2)
ISBN-10: 4048741020
ISBN-13: 978-4048741026
発売日: 2010/10/2
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 3 cm

 「JIN」みたいに、現代人が江戸時代に行っちゃうお話です。宇江佐さんらしからぬシチュエーションで、ちょっとビックリしています。
 タイムスリップの理論やタイムパラドックスの話など、SF的な説明もありますが、現代人から見た、江戸時代の人たちの暮らし(特に農村の)を描くのが目的で、そのための手段だったと思います。
 宇江佐さんは時代物では既に大御所的な立場にあると思いますが(時代物を多く書いている作家さんは最初から文庫本で刊行されることが多いようで、年に複数冊いろいろな出版社から単行本を出すことが出来る作家さんはほんの一握りだと思います。その中で、宇江佐さんは最も人気のある作家の一人です)、こういう新しい試みを続けていくのはとても素晴らしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている◆神永 学 (著)

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている

『心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている 』
(角川文庫) [文庫]
神永 学 (著)
価格: ¥ 580
文庫: 332ページ
出版社: 角川書店 (2008/3/25)
ISBN-10: 4043887019
ISBN-13: 978-4043887019
発売日: 2008/3/25
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm

 このシリーズもアニメ化されるようで、書店では、文庫本が平積みで並んでいます。
 アニメにはしやすいお話しかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無頼無頼ッ!◆矢野 隆 (著)

無頼無頼ッ!

『無頼無頼ッ! 』
[単行本(ソフトカバー)]
矢野 隆 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本(ソフトカバー): 288ページ
出版社: 集英社 (2010/7/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4087713644
ISBN-13: 978-4087713640
発売日: 2010/7/26
商品の寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm

 すいません。コメントはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日給油しました■インサイト日記

12月5日 SELF24焼津店で給油しました。

 積算距離計 13,575km 前回からの走行距離は 601km
 満タン給油量 32.56L @130円 4,232円

 燃費は 18.46km/L でした。

今回は、秋の大感謝祭で富士や浜松に行ったり、11月23日にアピタ浜松志都呂店に行ったため若干燃費が良くなっています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉のもつ力

 ユニクロの宣伝、
 冬だ、冬だ、どこもかも冬だ… がすごくかっこいいとNeと話をして、ぐぐってみると高村光太郎の『冬の詩』という詩の冒頭部分だった。

冬だ、冬だ、何処もかも冬だ
見わたすかぎり冬だ
再び僕に会ひに来た硬骨な冬
冬よ、冬よ
躍れ、叫べ、僕の手を握れ


 Neが「高村光太郎と言えば『レモン哀歌』だよね」とのたまう。
 青空文庫で探してみると


  レモン哀歌

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽喉(のど)に嵐はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
智恵子はもとの智恵子となり
生涯の愛を一瞬にかたむけた
それからひと時
昔山巓(さんてん)でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関はそれなり止まつた
写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう

 すごいですね。言葉の持つ力を見せつけられたような経験でした。

 (昔読んでいるはずなんですが・・・少しは成長したということでしょうか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― ◆桜庭 一樹 (著)

GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜―

『GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― 』
(角川文庫) [文庫]
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 540
文庫: 223ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/11/25)
ISBN-10: 4044281130
ISBN-13: 978-4044281137
発売日: 2010/11/25
商品の寸法: 15.2 x 10.6 x 1 cm

 角川文庫版のこのシリーズも8冊になりました。アニメ化もされるようでおめでたいことです。
 直木賞作家の原作によるアニメってありましたっけ?

 このシリーズのトリックは奇術と同じで「もの」に頼るところが多く、分かりやすいが単純なのが玉に瑕です。
 その分、少年少女の恋やオカルト、魅力的な(ちょっと突飛な)登場人物たちで楽しませてくれます。
 あくまでジュブナイルであることにはご注意ください。(トリックの単純さもそのためかと思われます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月のライオン 5 ◆羽海野 チカ (著)

3月のライオン 5

『3月のライオン 5 』
(ジェッツコミックス) [コミック]
羽海野 チカ (著)
価格: ¥ 510
コミック: 196ページ
出版社: 白泉社 (2010/11/26)
ISBN-10: 4592145151
ISBN-13: 978-4592145158
発売日: 2010/11/26
商品の寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm

 12月1日現在で、Amazonの読者レビューで38件中「5」が34件です。
 驚きました。この本に「5」を付けない人が4人もいるなんて!
 すごいコミックです。羽海野さんは本当に天才だと思います。

 「そっちか!」というような意外な展開から、「そこにか!!」と繋げてくる。
 娘と同席していましたが、泣かずにはいられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »