« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙◆松井 今朝子 (著)

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙

『西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙 』
[単行本]
松井 今朝子 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 220ページ
出版社: 新潮社 (2010/09)
ISBN-10: 4104742031
ISBN-13: 978-4104742035
発売日: 2010/09
商品の寸法: 19.6 x 14 x 2.4 cm


 シリーズ3作目。
 西南戦争前後を描きます。
 この巻では〇〇の○が大きな転機をもたらし・・・なところで終わります。
 一応、綺麗に終わっているのですが、できたら続巻を出してもらいたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食堂かたつむり◆小川 糸 (著)

食堂かたつむり

『食堂かたつむり 』
(ポプラ文庫) [文庫]
小川 糸 (著)
価格: ¥ 588
文庫: 256ページ
出版社: ポプラ社 (2010/1/5)
言語 日本語
ISBN-10: 4591115011
ISBN-13: 978-4591115015
発売日: 2010/1/5
商品の寸法: 15.4 x 10.6 x 2 cm

 出てくる料理が美味しそうで、素材を愛おしむように料理をする主人公に好感が持てました。
 ポプラ社らしい、良い本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界でいちばん長い写真◆誉田 哲也 (著)

世界でいちばん長い写真

『世界でいちばん長い写真』
[単行本(ソフトカバー)]
誉田 哲也 (著)
価格: ¥ 1,365
単行本(ソフトカバー): 276ページ
出版社: 光文社 (2010/8/19)
言語 日本語
ISBN-10: 4334927238
ISBN-13: 978-4334927233
発売日: 2010/8/19
商品の寸法: 19 x 13 x 2.2 cm

 僕が初めてカメラを買ったのはいつだったろうか?
 ニコマートFT-N という、1眼レフカメラを買った。結局、僕が買った一眼レフカメラはFT-Nだけだ。

 あの時の興奮を思い出しました。ボーイ・ミーツ・カメラ。この本はそういう本です。

 一眼レフカメラは、鏡でフィルムに写る像と(ほとんど)同じものをファインダーから見ることが出来ます。非常に優れた写真機です。しかし、銀塩写真が過去のものになり、デジタルカメラが主流になると、受光素子に入った画像をそのままディスプレイに見せることができてしまいます。
 一眼レフカメラは、写真が映るその時に、ミラーが上がって、シャッターが開きファインダーに見えていた画像がフィルム(受光素子)に焦点を結ぶびます。
 絶望的にまずいことに、写真が映るその瞬間にファインダーは真っ暗になってしまうのです。

 写真なら良い。しかし、これからのカメラは「動画」を撮るのが当然になっていくでしょう。

 一眼レフカメラは、構造的に大きな欠陥を抱えていて、動画をファインダーから見ることは絶対できません。ビデオカメラには成り得ないのです。
 デジタル一眼レフカメラは、そう長い寿命はないと思います。カメラからペンタプリズムがなくなってしまうのは僕にとっては残念なことですが、技術の進歩はその方向に進んでゆくと思います。
 それは、既に高校の写真部に「暗室」がないのが当然なことになってしまっているのと同じことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月18日 給油しました■インサイト日記

11月28日 SELF24草薙店で給油しました。
Akが20L 給油しているので、2回で53.46L

積算距離計は12,974km
前回からの走行距離は 872Km
燃料効率は 16.31km/L でした。

長距離を走らない街乗りではこの程度ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近本を読んでいないのは・・・

いまさら、モンスターハンターポータブル2Gをはじめてしまったからです。
3も予約してしまった。
「フルフル」が倒せずあきらめていたが、Neから装備の充実を指示され、「ババコンガ」をせっせと倒して装備をそろえているうちに、太刀の「紅葉」も手に入れることができ、「フルフル」が倒せたら、レベルが上がってまたいろいろ楽しめるようになった。
しかし、「ティガレックス」で完全に止まっています。

また、本が読める生活に戻れるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃんちゃら◆朝井 まかて (著)

ちゃんちゃら

『ちゃんちゃら』
[単行本]
朝井 まかて (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 290ページ
出版社: 講談社 (2010/9/17)
言語 日本語
ISBN-10: 4062164205
ISBN-13: 978-4062164207
発売日: 2010/9/17
商品の寸法: 19.6 x 14.4 x 2.8 cm

 第1作の「実さえ花さえ」からずいぶん時間が経ってしまいましたが、その分、よくまとまった良い本だと思います。
 朝井さんがもう少し筆が早ければ、自分の中のランキングで高田郁さんの上に来る可能性もあると思いますが、作品の質はともかく、やはり、やや低いポジションになってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーリー・セラー◆有川 浩 (著)

ストーリー・セラー

『ストーリー・セラー』
[単行本]
有川 浩
価格: ¥ 1,365
単行本: 205ページ
出版社: 新潮社 (2010/8/20)
言語 日本語
ISBN-10: 4103018739
ISBN-13: 978-4103018735
発売日: 2010/8/20
商品の寸法: 19.4 x 13.2 x 2.4 cm

 Side:B、軽々しく感想を書くことができないお話です。
 有川さんの「男前」さはよく出ていますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善人長屋◆西條 奈加 (著)

善人長屋

『善人長屋』
[単行本]
西條 奈加 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 258ページ
出版社: 新潮社 (2010/6/19)
ISBN-10: 4103003146
ISBN-13: 978-4103003144
発売日: 2010/6/19
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm

 ハートウォーミングな江戸の市井ものです。
 山本一力さんの「職業別」的な面白さがあった「烏金」に比べて特色が少ないようにも思いましたが、楽しく読めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほら吹き茂平◆宇江佐 真理 (著)

ほら吹き茂平

『ほら吹き茂平』
[単行本]
宇江佐 真理 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 242ページ
出版社: 祥伝社 (2010/8/31)
言語 日本語
ISBN-10: 4396633432
ISBN-13: 978-4396633431
発売日: 2010/8/31
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm

 小説NONに発表されたものを集めた短編集です。江戸の市井もので、「千寿庵」ものが2つありますが、そのほかはお話に関連は無く、あまり考えずに楽しめる本です。いつもながら、安心して読めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エデン ◆近藤 史恵 (著)

エデン

『エデン』
[単行本]
近藤 史恵 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 250ページ
出版社: 新潮社 (2010/03)
ISBN-10: 410305252X
ISBN-13: 978-4103052524
発売日: 2010/03
商品の寸法: 19.4 x 12.8 x 2.4 cm

 「サクリファイス」に続く、「チカ」こと白石誓を主人公とした自転車競技(今回はツールド・フランスに的が絞られています)を舞台にしたお話です。
 「サク…」の3年後、チカはヨーロッパ自転車競技の中心である、フランスのチームに席を置き、ツール・ド・フランスでの総合優勝を狙えるエースのアシストを務めている。しかし、スポンサーが撤退することになり、チームの将来に暗雲がかかってしまう・・・。
 しばらく時間がたってしまって、忘れていましたが、自転車競技に興味を抱かせてくれたという意味で「サク…」はとても貴重な本でした。この本で、さらに奥深さを教えあられました。
 ただ、ミステリーとはちょっと言えない内容になってきています。ミステリーでなければいけないとか、ミステリー色を出せとか言っているわけではありませんが、近藤さんの新作であれば、本屋のミステリー棚に平置きになるのは眼に見えているので、ちょっと違う本なのですよ、というアナウンスをしたほうが良いかと思っただけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空想オルガン◆初野 晴 (著)

空想オルガン

『空想オルガン 』
[単行本]
初野 晴 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 286ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/9/1)
ISBN-10: 4048740970
ISBN-13: 978-4048740975
発売日: 2010/9/1
商品の寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm

 「ハルチカ」シリーズと命名されているらしい、「清水南高校」を舞台にした「日常の謎」系のミステリーの連作短編集です。
 3冊で終わらなかった?!
 高校を舞台にした青春ものは3冊で終わるのが(なぜか)当然だと思っていたので(1年1冊。「船に乗れ!」も「一瞬の風になれ」「武士道シリーズ」も3冊だったし・・・)ちょっと得した気分です。
 楽しみにしていたトンデモ発明品は出てきませんでしたが、ミステリーとしては安定していますし、ラストの意外さも効いています。
 吹奏楽のコンクールも始まり、盛り上がってきました。草壁先生の謎もますますうさん臭くなり、次が楽しみです。
 3冊で完結→完結したところで評価 という想定が崩れましたので、今年のマイベスト10には入れちゃいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »