2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 猫物語 (黒)◆西尾 維新 (著) | トップページ | ありがとう!! »

2010.10.27

10月24日の釣り(沼津~蒲原凸)

榛原、相良、御前崎あたりに行きたいところでしたが、波が2mということでしたので、焼津以西は釣りにくいかなあと東に向かいました。
最初に行ったのは、「22」あたり、原海岸になるのでしょうか?
5~4色は平坦な砂地だと思いますが、2~3色から急なかけ上がりでゴロタ石になっているのでしょうか?さびきにくく錘が取られそうな感じです。かけ上がりの手前でアタリがありましたが、ベラでした。
ベラを2匹キープしましたが、駐車していた車のそばに猫が2匹いたのであげてしまいました。
三保アリーナの猫と違って、警戒心が強く、ベラを投げてやってもこちらが居なくなるまでは食べようとしません。食べるのも、人のいないところに移動してからのようです。
次に入ったのは「9」あたり、片浜でしょうか?
ここは先ほどのところほどひどくありませんが、やはり近くはさびきにくい海岸でした。
隣で釣っていた人たちがカワハギをあげたので錘をジェット天秤に変えて近くを探ってみますが、トラギスがかかるばかりでした。ここで改めてベラを1匹キープ。
さびきやすい砂浜に行きたいと、我入道の浜に移動しましたが、ここは全くアタリがありません。
時合いが悪かったのだとは思いますが、ピンギスも釣れないとは・・・。
傷心のまま帰宅しようとしたら、バイパスを走っているとナビが突然蒲原で降りるように指示をしてきました。
これは、蒲原海岸で釣るようにという「神」ならぬ「ナビ子さん」のご託宣に違いないと「101」あたりで釣りはじめますが、ここでも全くアタリはありませんでした(フグはいましたが・・・)。

駿河湾の一番奥辺りをまわりましたが、流石に波が静かで内海みたいな感じでした。
最後の蒲原も波静かで、西に行っても全然大丈夫だったようです。
ドライブと釣りを楽しめてまあ満足です。

« 猫物語 (黒)◆西尾 維新 (著) | トップページ | ありがとう!! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月24日の釣り(沼津~蒲原凸):

« 猫物語 (黒)◆西尾 維新 (著) | トップページ | ありがとう!! »