2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今朝の春―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著) | トップページ | 少女たちの羅針盤◆水生 大海 (著) »

2010.09.21

9月20日の釣り(南校下、内海凸)

 9月20日、久しぶりに三保に行ってきました。
 エサ屋さんで状況を聞くと、先週久能でよく釣れたとのことですが、久能は狭いのであきらめ、駒越に向かいますが、こちらも駐車スペースがありませでした(6時ころ)。
 今年初めて、南校下へ行ってみました。ここは、私有地に置かせてもらうので、7時には終わろうと決めて入りました。堤防側の盛り土(砂)がとても高くなっていて、テトラのすぐ後ろから急勾配で盛ってあります。テトラやワンドなどは釣りにくくなってしまっており、北側の広くなっている浜で投げましたが、反応が無く時間になってしまいました。
 北上してアリーナから内海に入りました。
 岸ちかくに小魚が大量に居るらしく、凪いだ水面に波紋を作っています。さすが内海、まるで池のようです。
 投げると、5cmくらいのキスが釣れてしまいます。5号~6号と小さめの針を使った仕掛けを常用しているため、しっかりかかります。慌てて放してやるのですが、キスは弱いので死んでしまうものが半分くらい。
 10cmくらいのものも2匹かかりましたが、全てリリースしました(全部で10匹くらいでしょうか・・・)。
 ピンギスがかからないように、持っていたセイゴ針の1本仕掛けにして投げたりしましたが、これには何もかかりませんでした(アタリはいくつかありましたが、針にかかりません)。

 久しぶりに海に行って楽しめました。次は釣果も期待したいものです。

« 今朝の春―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著) | トップページ | 少女たちの羅針盤◆水生 大海 (著) »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月20日の釣り(南校下、内海凸):

« 今朝の春―みをつくし料理帖◆高田 郁 (著) | トップページ | 少女たちの羅針盤◆水生 大海 (著) »