« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

ヤングアダルト パパ◆山本 幸久 (著)

ヤングアダルト パパ

『ヤングアダルト パパ』
[単行本]
山本 幸久 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 251ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/4/29)
ISBN-10: 4048740407
ISBN-13: 978-4048740401
発売日: 2010/4/29
商品の寸法: 18.8 x 13.7 x 2.5 cm

 楽しく読みましたが、自分は倫理観が古いので、こういうのはダメです。
 すごく気持ち悪いものを見せられた気がしてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叫びと祈り◆梓崎 優 (著)

叫びと祈り

『叫びと祈り』
(ミステリ・フロンティア) [単行本]
梓崎 優 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 288ページ
出版社: 東京創元社 (2010/2/24)
ISBN-10: 4488017592
ISBN-13: 978-4488017590
発売日: 2010/2/24
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm

 評価の高さが納得できるような、とてもオリジナリティが高い素晴らしいミステリィでした。
 短編集ですが、それぞれのミステリィは「何故犯行が行われたか」が主な見せ所になっています。
 日本人の常識をけっ飛ばすような、特殊な環境での特殊な人々の「論理的行動」が明かされることで、見事に謎が解けていきます。
 Why done it. だけでなく、容易に犯人を明かさない、思わぬトリックを入れる、叙述トリックも積極的に入れるなど、なんでも有りのゴージャスな内容で、重い内容を華やかに(?)見せています。
 新たなジャンルというと、言い過ぎかもしれませんが、処女作で早くも「孤高」を思わせる独自性です。
 次の作品が楽しみな作家さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■中古のマーチ買いました。

 10年以上も乗ってきたマーチですが、バッテリーに充電する機械がダメになってしまったそうで、ディーラーに持って行ったら、中古の部品で5万円、新品で10万円かかると言われ、それなら、安い中古車(出来れば軽自動車)を買おうということになった。
 TKの情報で、清水区の中古車屋で35万円(コミコミ40万円)のマーチ(17年式6万キロ)を買うことにしました。
 この車の燃費情報も比較のために載っけていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月25日の釣り(三保五中下 2匹)

25日は本当に早起きして(2時)、3時過ぎにはエサ屋に到着。岩虫500円を購入して、蒲原へ行こうかとも思ったが、午後から用事があるので、三保へ。
前回が良かったので、比較的先端に近い五中下へ。
ここは、ルアーの人、弓角の人が多い。早く行っても駐車場はほぼ満車。
明るくなるまで朝食を食べながら待機。
まわりが明るくなったところで、左側(北側)のワンドまで歩いて、1投目に1匹。2投目に1匹。
やはり、波打ち際でアタリがある。このまま快調に行くのかと思ったら、ここからさっぱりになった。
自分の見間違えかもしれないが、大きな背びれの魚がゆったりと右側のテトラの方から泳いできて、そこからダメになったような感じを受けた。
さらに北上して、先週良かったポイントまで移動したが良い結果はでない(トラギスががばがば釣れる)。
南下してもトラギス。
素直にあきらめて、帰ることにした。
(今回は錘を1つロストしていてちょっと残念)

そういえば、岩虫は臭いです。死んでいなくても腐ったアカイソメ程度の臭いがエサ箱についてしまいます。
この強力な臭いが効くのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪アパートの幽雅な日常4◆香月 日輪 (著)

妖怪アパートの幽雅な日常4

『妖怪アパートの幽雅な日常4 』
(講談社文庫) [文庫]
香月 日輪 (著)
価格: ¥ 470
文庫: 240ページ
出版社: 講談社 (2010/6/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4062766736
ISBN-13: 978-4062766739
発売日: 2010/6/15
商品の寸法: 14.6 x 10.4 x 1.6 cm

 面白いんですけど、あまりにもかんたんに読めてしまってちょっともったいないような気がします。
 例えば、『三月のライオン』のコミックスとこの本を比べると、こちらの方がよほどかんたんに読めるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇を拒む◆近藤 史恵 (著)

薔薇を拒む

『薔薇を拒む 』
[単行本(ソフトカバー)]
近藤 史恵 (著)
価格: ¥ 1,365
単行本(ソフトカバー): 250ページ
出版社: 講談社 (2010/5/27)
言語 日本語
ISBN-10: 4062162148
ISBN-13: 978-4062162142
発売日: 2010/5/27
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm

 大企業のオーナーの妻と娘が棲む湖畔の別荘に孤児の主人公は住み込みで働くことになり・・・。
 登場人物それぞれに過去があり、ドロドロ感が重要なお話しだと思いますが、近藤さんが書くとつい綺麗になりすぎるような気もします。
 湖畔の別荘ですので、絶対密室が出てくると思いましたが、そこは期待を裏切られました。
 近藤さんって本格ではないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白戸修の狼狽◆大倉崇裕 (著)

白戸修の狼狽

『白戸修の狼狽 』
[単行本]
大倉崇裕 (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 392ページ
出版社: 双葉社 (2010/4/6)
言語 日本語
ISBN-10: 4575236896
ISBN-13: 978-4575236897
発売日: 2010/4/6
商品の寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm

 選挙に勝ったのに、犬だからという理由で議員になれなかった白戸さん一家とはなんの関連もありません。
 感想は特にありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月17日の釣り(三保灯台付近 8匹)

Img_0373


 3連休の初日、朝、エサ屋で情報を聞くと、昨日(16日)三保の灯台付近で25cm(!!)位のキスを20匹(!!)以上釣った人がいるというにわかには信じ難いとても美味しい情報をもらいました。
 この日は、エサ屋のお勧めの「岩虫」を買ったので、特別に良い情報を教えてくれたのだと思います。
 わくわくしながら(すこし、眉につばを付けていたところもありますが・・・)灯台のところに行くと、流石に駐車場は満車。隅の方に無理に入れて釣り人を見てみると、あまり釣れている感じはありません。
 はて・・・。入ったところの釣り人に聞いてもダメとのこと。その向こうの人は、釣れたタコを見せてくれましたが、キスは釣れていないようです(色々情報ありがとうございました。勉強になりました)。
 海の家の前まで南下しても状況は変わりませんでした。
 25cmのキスは何処に??
 ふっと、最初にお話しした釣り人に、大浜は砂浜が少なくなっているような気がするとお話ししたら、安倍川の砂が三保にたまって、砂浜が増えている。という情報をいただいていたことを思い出しました。
 以前行ったときは根掛かりばかりで全然釣りにならなかった、あの灯台の前も砂が入って状況が変わっているのかも知れない。帰りに寄ってみる価値は十分ある。
 9時過ぎ頃、普段では撤収する頃ですが、連休初日というウキウキもあって灯台まで行ってみることにしました。
 途中寄った飛行場前はカゴ釣りで一杯。あの広い駐車場も相当埋まっていました。灯台の駐車場は整備されたらしく、綺麗になった分駐車スペースは大幅に減っていました。通路の隅にとめている車があったので、ルアーや弓角の人たちが居た時間帯はここも満車だったのでしょう。
 釣り場に着くと、先客の方が一人。4匹ほど釣れている。近くで釣れるがフグも沢山いる。今日は色々まわって全部で10匹以上釣れている。とのことでした。
 隣で釣るのを歓迎してくれ、ポイントも教えてもらって、とても気持ちよく釣りが出来ました。ありがとうございました。
 自分の左側が大きく空いているので、岸に沿って2色ほど投げて引いてくるとアタリがあり、18~15cmくらいのキスが合計8匹釣れました。楽しかった。すごく日に焼けて疲れましたが・・・。
 朝からこの場所で釣っていたら、25cmは無理でも20匹はいけたのではないかと思います。
 ところで、岩虫ですが、自分で切れちゃうのと、身が柔らかいのであまり扱いやすいエサではありません。しかし、食いは良いと感じました。チロリよりも釣れるというエサ屋のおじさんの話もうなずけるエサでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪アパートの幽雅な日常3◆香月 日輪 (著)

妖怪アパートの幽雅な日常3

『妖怪アパートの幽雅な日常3』
(講談社文庫) [文庫]
香月 日輪 (著)
価格: ¥ 420
文庫: 192ページ
出版社: 講談社 (2009/12/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4062765322
ISBN-13: 978-4062765329
発売日: 2009/12/15
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm

 あっと言う間に読み終わってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪アパートの幽雅な日常2◆香月 日輪 (著)

妖怪アパートの幽雅な日常2

『妖怪アパートの幽雅な日常2』
(講談社文庫) (文庫)
香月 日輪 (著)
価格: ¥ 440
文庫: 224ページ
出版社: 講談社 (2009/3/13)
言語 日本語
ISBN-10: 4062762994
ISBN-13: 978-4062762991
発売日: 2009/3/13
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm

 バイクの集団に追いかけられたり、緊迫した場面もあるにはあるのですが、妖怪アパートでのんびり癒される感じです。るり子さんの作るお料理がとても美味しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つきのふね◆森 絵都 (著)

つきのふね

『つきのふね』
(角川文庫) (文庫)
森 絵都 (著)
価格: ¥ 460
文庫: 221ページ
出版社: 角川書店 (2005/11/25)
ISBN-10: 404379102X
ISBN-13: 978-4043791026
発売日: 2005/11/25
商品の寸法: 14.8 x 10.4 x 1 cm

 とても素晴らしい本でした。
 必読ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和菓子のアン◆坂木 司 (著)

和菓子のアン

『和菓子のアン』
(単行本)
坂木 司 (著)
価格: ¥ 1,890
単行本: 344ページ
出版社: 光文社 (2010/4/20)
ISBN-10: 4334927068
ISBN-13: 978-4334927066
発売日: 2010/4/20
商品の寸法: 19.2 x 12.8 x 3 cm

 久しぶりに坂木さんを読んだような気がします。
 デバ地下の和菓子屋さんをテーマに、高校卒業後にアルバイトに入った杏子の目を通して、デバ地下や和菓子にまつわる日常の謎を解きながら、個性豊かな登場人物たちと美味しそうな和菓子を楽しむ本です。
 楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪アパートの幽雅な日常1◆香月 日輪

妖怪アパートの幽雅な日常1

『妖怪アパートの幽雅な日常1』
(講談社文庫) (文庫)
香月 日輪 (著)
価格: ¥ 470
文庫: 256ページ
出版社: 講談社 (2008/10/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4062761696
ISBN-13: 978-4062761697
発売日: 2008/10/15
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1 cm

 楽しい本です。
 さっそく続きを買ってくるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難民探偵◆西尾 維新 (著)

難民探偵

『難民探偵 』
(100周年書き下ろし) (単行本)
西尾 維新 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 354ページ
出版社: 講談社 (2009/12/11)
言語 日本語
ISBN-10: 4062159414
ISBN-13: 978-4062159418
発売日: 2009/12/11
商品の寸法: 19 x 13.8 x 3.6 cm

 西尾さん初のハードカバーかもしれません。
 登場人物の人気作家 窓居京樹が著作権を気にして、ネットカフェに入らなかったり、古本を買わなかったりするのを見ると、Amazonで絶版本を買ってしまう道尾さんはまだまだ「超」人気作家とは言えないのですね。
 しかし、西尾さんは絶版の本はどうやって手に入れているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日の釣り(三保羽衣の松下 3匹)

Img_0368


エサ屋で聞いたところ、雨が降ると状況がリセットされてしまうが、昨日までは三保の先端の方で釣れていたということで、羽衣の松の駐車場に車を置かせてもらい、浜の右側で竿を出しました。
釣り人が全然いません。あれれ?余程釣れていない?
それでも、1投目、2投目ともに1匹掛かってきて、まずまずの状況下と思いましたが、あとがさっぱり。
浜の真ん中に移動しましたが、改善は見られず、業を煮やして、大きく左に移動して、鎌ヶ崎の向こう側の浜へ行ってみました。
ふたり連れの釣り人がまだ始めたばかりとのことでしたが、僕の準備をしている間に近場で1匹上げています。
大急ぎで準備して投げると、ごく近くでアタリがあり、25cm、116gの(たぶん)生涯最大級の鱚を釣ることができました。
隣のお二人は、ぼつぼつ良いペースであげつづけていますが、こちらはアタリがなく、残念ながらこの1匹で終わってしましました。

以前にも隣の方が波口でうまく釣っているのに自分は全然釣れなくて残念な思いをしたことがありますが、本当に下手くそで、何とかしたいのですが、どうしたら良いのかもわかりません。
とりあえず、柔らかい竿を用意して、これまでと違った投げ釣りをしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイト日記■7月10日給油しました。

7月10日、三保に向かう途中の清水のSELF24で給油しました。

 32.63L 走行距離 506Km 15.51km/L でした。

 やはり、暑くなるにつれて、エアコンの使用による燃費の悪化が出てきています。

 朝、郊外の道路を走っていると、20km/Lは出ますが、昼間街中を走ると、15km/Lを切ってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 アニメ終了しました。

 「コミック」の最終回の掲載された「月刊少年ガンガン7月号」は売れ切れてオークションで高値がつくような状態になってしまい、同じ最終回を0月号に再度掲載するという、一部で熱狂的な盛り上がりを見せているようです。
 最終回自体は、序章に対する終章みたいな感じで、その後のまとめ的な感じが強く、特にどうということはありませんでしたが、この「アニメシリーズ」は「傑作」といって良いと思います。
 全64話楽しめました。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

疑心―隠蔽捜査〈3〉◆今野 敏 (著)

疑心―隠蔽捜査〈3〉

『疑心―隠蔽捜査〈3〉 』
[単行本]
今野 敏 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 330ページ
出版社: 新潮社 (2009/03)
ISBN-10: 4103002530
ISBN-13: 978-4103002536
発売日: 2009/03
商品の寸法: 19.4 x 13.4 x 2.8 cm

 竜崎は、大森署の署長職のまま米大統領訪日警備のため組織された方面本部長に任命されて・・・。
 この本の竜崎はかなり変で、恋患いで伊丹に相談に行っちゃったりします。
 すっかりおともだちですね。
 まあ、シリーズものでは最初の緊張感がなくなってしまうのはどうしようもないことで、ジャンプ的な展開と言えるかも知れません(最初のライバルが最後まで親友)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館の神様◆瀬尾 まいこ (著)

図書館の神様

『図書館の神様 』
(ちくま文庫) [文庫]
瀬尾 まいこ (著)
価格: ¥ 525
文庫: 240ページ
出版社: 筑摩書房 (2009/7/8)
言語 日本語
ISBN-10: 4480426264
ISBN-13: 978-4480426260
発売日: 2009/7/8
商品の寸法: 14.4 x 10.6 x 1.4 cm

  「僕の明日を照らして」の感想で書きましたが、瀬尾さんの最初に読んだ本、「優しい音楽」で登場人物の軽さ(薄さ)に違和感を覚えたものでしたが、この本を読んで、やっとわかりました。
 自分は人の心の分からない人間なので、人付き合いが少なく想像できなかったのですが、「大きな喪失」をした人は、どうしようもなく、人の気持を慮り、人に優しく、淡く接するようになるのかもしれません。
 そこへ行くと、喪失感と無縁にここまで来てしまった僕は、人に濃く接し、人に多くを求めてしまうのかもしれません(いや、それは僕の人間が出来ていないだけのことですが・・・)。
 最初にこの本を読んでおけば、それもよくわかったのに、恥ずかしい感想を書いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンセス・トヨトミ◆万城目 学 (著)

プリンセス・トヨトミ

『プリンセス・トヨトミ』
[単行本]
万城目 学 (著)
価格: ¥ 1,650
単行本: 512ページ
出版社: 文藝春秋 (2009/2/26)
ISBN-10: 416327880X
ISBN-13: 978-4163278803
発売日: 2009/2/26
商品の寸法: 18.8 x 13.2 x 3.8 cm

 とても面白いおはなしでした。楽しめました。
 前2作と違って、語り手が特定されておらず、主人公が分かりにくいため、やや受けが悪かったように感じますが、「鴨川ホルモー」にも優るような素敵な奇想でした。僕は「鹿男あおによし」よりもこちらを推しますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第143回直木三十五賞候補作品 覚え

ちょっと遅くなってしまいましたが、平成22年度上半期の直木賞候補作が発表されましたので記しておきます。

乾 ルカ  「あの日にかえりたい」(実業之日本社)
冲方 丁  「天地明察」(角川書店)
中島京子  「小さいおうち」(文藝春秋)
姫野カオルコ 「リアル・シンデレラ」(光文社)
万城目学  「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」(筑摩書房)
道尾秀介  「光媒の花」(集英社)

 また1冊しか読んでいませんが、ぼちぼち読んでいくつもりです。
 道尾さんの本は受賞にふさわしい本ですが、受賞にふさわしい本に「した」感じがちょっとします。
 そういう意味では「風に舞い上がるビニールシート」に近い感じ。
 山本周五郎賞の選考でも、「早く賞をやっちゃった方が良いね」「うんうん」と決まってしまったような感じを受けました。
 道尾さんは人気作家だし、直木賞を取る必要なんかありませんよ。小さくまとまった本よりは、みんなをビックリさせるような本を書いてもらいたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インサイト日記■7月3日 12ヶ月点検に行ってきました。

7月3日の朝一番で12ヶ月点検を受けてきました。
昨年の7月9日が登録日、走行距離9857kmと1年間で約1万キロを走ったことになります。

12ヶ月点検は一式で 10,500円
オイル・エレメント交換 5,000円
ブレーキ四輪分解点検 2,100円

もう少し時間がかかるかと思っていましたが、1時間弱で終わりました。
コーヒーをいただきながら、営業のWさんとおはなしをしました。
(1)インサイトの燃費 ・・・ 使い方によるが、平均すると18km/L位になるのでは?
(2)40km/h~50km/hの時、モーターだけで走るタイミングがあるのでうまく使うと燃費がよくなる。
(3)スタートが最もガソリンを使うが、若干踏んでやったほうがモーターのアシストが効いて効率が良い。
(5)次のハイブリッド車はフィットで10月発売。150万円台で出てくるのでは・・・?
(6)フィットはインサイトほど燃費が良くないだろうし、ハイブリッドにしなくても燃費がかなり良い車なので、130万円台の売れ筋から20万円~30万円のハイブリッドによるプラスをどう考えるかがお客様の判断になるだろう。
などが話題になりました。

たしかに、うちのインサイトも17.7km/Lです(Akが乗らなければもう少し良い数字なるとおもうのですが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月3日の釣り(安倍川西岸 凸)

7月3日ははっきりしない天気で、エサを買うときには降っていなかった雨が浜に着くまでに降ってきてしまい車の中で少し待たされ、6時半過ぎにやっと浜川西岸で開始しました。
しかし、全く釣れそうな気配はなく、2~3投したところでポツポツ来たので即決で撤収しました。
東名取り付け道路の珈琲屋でモーニングセットを食べ(到着したときは7時ちょうどくらいでした)、店から出てみると予想に反して雨はふらなかったようです。
それでは、と安倍川西岸まで出てみることにしました。
一番近くのテトラの手前で投げていた人に聞くと、昨日は久能で結構釣れたということでした。
この方はとてもお上手で、ポツポツと釣り上げていました。
リールの巻き数を見ていると、4色以上向こうのようです。
遠目を中心に探りますが、なかなkあたりがなく、雨が降り始めてやめてしまう前の2投にあたりがあっただけでした(3~4色)。
アタリが出だしたので、雨さえ降ってこなければこれからが時合いだったのかもしれません。
結論としては、梅雨時の釣りはカッパを持っていかなければダメですね。基本でした。

静岡は投げ釣りが盛んなので、うまい人がほんとうに沢山います。今年はもう少しうまくなれるよう頑張ります。
それにはまず、仕掛けを作らねば。
(この日は仕掛けを使い尽くしていることに気づかず、ハゼ用に作ってあった2本バリ仕掛けを使いました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・パティスリー◆上田 早夕里 (著)

ラ・パティスリー

『ラ・パティスリー』
(ハルキ文庫) [文庫]
上田 早夕里 (著)
価格: ¥ 660
文庫: 233ページ
出版社: 角川春樹事務所 (2010/05)
ISBN-10: 4758434735
ISBN-13: 978-4758434737
発売日: 2010/05
商品の寸法: 15.2 x 10.4 x 1.4 cm

 ショコラティエの勲章と同じく、洋菓子屋を舞台にしたミステリィですが、2作につながりはないようです。
 ミステリィと言っても、坂木司さんのような職業ミステリィではなく、山本幸久さんの職業をあつかったシリーズのような感じで、ミステリィ色はあまり強くありません。
 ケーキ屋さん、夢がありますね。この本もお菓子の描写がとても美味しそうで、楽しく読めました。それでというわけではありませんが、今日はNeと「ブーケ」さんに行って、ピーチメルバ、桃のシャルロット、桃のゼリーと桃三昧をやってきました。
 「ブーケ」さんのピーチメルバは昨年も食べましたが、Akの情報では、用宗の桃を使って作っている5月頃のものが最も美味しいのだそうです。少し時期を外してしまったようです(とっても美味しかったけれど・・・)。

 追記) 前回ピーチメルバを食べたのも7月20日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »