2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 製鉄天使◆桜庭 一樹 | トップページ | インサイト日記■2月21日 給油しました。 »

2010.02.21

煙突の上にハイヒール ◆小川 一水

煙突の上にハイヒール

『煙突の上にハイヒール 』
(単行本(ソフトカバー))
小川 一水 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本(ソフトカバー): 259ページ
出版社: 光文社 (2009/8/20)
ISBN-10: 4334926738
ISBN-13: 978-4334926731
発売日: 2009/8/20
商品の寸法: 18.8 x 13 x 2 cm

 人や人の生み出したテクノロジーを素直に肯定してくれる、良い意味で一昔前のSFを思わせる本です。
 誰にでもおすすめできる、良い本だと思います。

<煙突の上にハイヒール>
 一人用のヘリコプター『Mew』 1,428,000円

<カムキャット・アドベンチャー>
 これは、ほとんどもう実現可能ですね。「モノレール猫」みたい。
ヒロイン「魚沼唯」ちゃんがよくわからないキャラクターですが、今の理工系女子はこんな感じなのでしょうか?

<イブのオープン・カフェ>
 ロボットの3原則物です。しかし、アシモフが考えていた時代には夢物語だったAIがだんだん現実的になってきます。こんなふうに悩むAIも現れてくるのでしょうか?

<俺たちのピュグマリオン>
 同じロボット物でも、こちらは生々しさがあります。
 コチラの方へ進むことは、十分考えられますね。

<白鳥熱の明日に>
 昨年の新型インフルエンザは、全く抑えることはできず、バンデミックとなりました。
 弱毒性でタミフルやリレンザなどの特効薬が有効だった上、十分な数量を用意できたため、大きな脅威になりませんでしたが、強毒性であったら、億単位の死亡者が出ていたかもしれません。
 交通が発達した現代では、1地域に流行を封じ込めることは非常に難しく、ワクチンは間に合わないのだということが確認されたと思います。
 このお話しはさらに、タミフルなどのノイラミニダーゼ阻害剤に耐性を持つインフルエンザ「白鳥熱」によって人類が存続の危機にさらされた後のお話しです。

« 製鉄天使◆桜庭 一樹 | トップページ | インサイト日記■2月21日 給油しました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煙突の上にハイヒール ◆小川 一水:

« 製鉄天使◆桜庭 一樹 | トップページ | インサイト日記■2月21日 給油しました。 »