2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 扉守(とびらもり) ◆光原 百合 | トップページ | ミレニアム2 上◆スティーグ・ラーソン »

2010.02.28

ブラック・ラグーン◆広江 礼威

ブラック・ラグーン 9

『ブラック・ラグーン 9』
(サンデーGXコミックス) (コミック)
広江 礼威 (著)
価格: ¥ 620
コミック: 272ページ
出版社: 小学館 (2009/10/19)
ISBN-10: 4091571891
ISBN-13: 978-4091571892
発売日: 2009/10/19
商品の寸法: 17.8 x 12.8 x 2.4 cm

 「本の雑誌321号」は、書評家を褒めまくるという自家中毒的な特集でしたが、その中で北上さんがこのマンガ「ブラック・ラグーン」褒めている書評家を褒めている(わかりにくい)ということで、1~9巻 大人買いしてみました。
 広江さんはTEX-MEXさんとしての印象の方が強いので、絵の上手い人なのはわかっていましたが、このシリーズはストーリーが素晴らしい。個性的なキャラクターたちが夫々の立場、思想で容赦なく突き進んでいきます。空中分解を起こす寸前で見事にラストをまとめてみせたのには感嘆しました。 「正義」と「悪」についての評価もマンガの範疇を超えていると思いました。 (マンガが低位のメディアであるといっているわけではありません。少年ジャンプの「バクマン。」でも書かれていましたが、「1Q84」が社会現象とよばれても、その発行部数は200万部に過ぎません。「ジャンプ」を毎週月曜日に読んでいる人の数は「1千万人」です。画像的な情報は、文字情報よりも集積度が低いので、ストーリーや心象など複雑な表現にデメリットがあると言うことです)
 ロックの今後の成長が楽しみです。良いシリーズに出会えました。

« 扉守(とびらもり) ◆光原 百合 | トップページ | ミレニアム2 上◆スティーグ・ラーソン »

コメント

 TEX-MEXはサークル名で、レッド・ベアさんと
呼ばなければいけませんでした。
 知ったかぶりはダメですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ラグーン◆広江 礼威:

« 扉守(とびらもり) ◆光原 百合 | トップページ | ミレニアム2 上◆スティーグ・ラーソン »