« 「はやぶさ」が地球に帰ってくる。 | トップページ | ふちなしのかがみ◆辻村 深月 (著) »

2010.01.31

アバターを見てきました。

映画、アバターをやっと見てきました。

 

疲れた。やはり、3Dは眼に負荷が大きいらしく、とても疲れました。
3時間くらいの長い映画だったはずですが、あっという間に終わってしまいました。3Dの効果も大きいと思いますが、「ナヴィ」や人間の登場人物の魅力、舞台となる衛星「パンドラ」の美しさ、ストーリーの面白さ、アクションシーン(特に飛んでいる時の迫力がすごい)など息をつかせないような展開となっており、のめりこんでしまいました。
「ナヴィ」の表情の豊かさなど、これまでのCGとも、3D映画とも完全に一線を画する内容でした。

 

たぶん、無声映画からトーキーに、白黒映画からカラー映画へ変わっていった時と同じような瞬間にある映画なのだと思います。
今後、映画は「アバター」以前と「アバター」以降と区分けされることになるのでは…と思います。

 

本当に面白い、記念碑的な名作です。見て本当によかったともいます。

 

|

« 「はやぶさ」が地球に帰ってくる。 | トップページ | ふちなしのかがみ◆辻村 深月 (著) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバターを見てきました。:

« 「はやぶさ」が地球に帰ってくる。 | トップページ | ふちなしのかがみ◆辻村 深月 (著) »