2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2010年の手帳 | トップページ | 神去なあなあ日常◆三浦 しをん »

2009.12.15

蘭陵王◆田中 芳樹

蘭陵王

『蘭陵王』
(単行本)
田中 芳樹 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 346ページ
出版社: 文藝春秋 (2009/9/26)
ISBN-10: 4163279008
ISBN-13: 978-4163279008
発売日: 2009/9/26
商品の寸法: 19.2 x 13.8 x 2.8 cm

 六朝文化というと、なんとなく歴史の教科書に載っていたような気がしますが、三国時代の後に50年以上にわたり三国鼎立の時代があったことなど全く知りませんでした。
 だいたい、殷・周・秦・漢・三国・隋・唐・・・・ と覚えていますよね(いや・・・違っているかも知れませんが・・・)。
 そして、三国時代と同じ英雄の時代です。面白かった。
 それにしても、帝位の簒奪は、中国の人にとっても相当に大変なことなのでしょうか?暗愚な皇帝で国を滅ぼすくらいなら、どんどん簒奪した方が良いようにも思えますが・・・。
 しかし、それでは混乱が続いて逆に中国文明が栄えることもなかったのかも知れません。

« 2010年の手帳 | トップページ | 神去なあなあ日常◆三浦 しをん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蘭陵王◆田中 芳樹:

« 2010年の手帳 | トップページ | 神去なあなあ日常◆三浦 しをん »