2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 文化祭オクロック◆竹内 真 | トップページ | インサイト日記■最近の燃費など »

2009.11.24

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。◆辻村 深月

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』
(単行本)
辻村 深月 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 387ページ
出版社: 講談社 (2009/9/15)
ISBN-10: 4062157616
ISBN-13: 978-4062157612
発売日: 2009/9/15
商品の寸法: 19 x 13.6 x 3 cm

 「太陽の坐る場所」もそうでしたが、主人公たちが作者と「タメ」になっていて、30歳の女性の本音が描かれています。
 みずほの目、チエミの目で登場人物が描かれることで、都会に生きようとするインテリのみずほと地方都市の狭い世界で生きるチエミのそれぞれの良いところ、(特に)悪いところがきっちり描き出されていて、すごく生々しく感じます。
 「太陽の・・・」に続いて、近いところが描かれ過ぎているのが残念。
 きちんと最後に救ってもらえたのがありがたかった。

« 文化祭オクロック◆竹内 真 | トップページ | インサイト日記■最近の燃費など »

コメント

amazonで、辻村さんのインタビューが掲示されています。
しょっぱなから、題名についての質問が出て「いや、それは言っちゃダメだろ」と思いましたが、とても上手にかわしていました。
にっこり笑って、「題名の意味がわかるところまで読みこんでもらいたい」と言っていましたが、それって最後まで読めってことじゃん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。◆辻村 深月:

« 文化祭オクロック◆竹内 真 | トップページ | インサイト日記■最近の燃費など »