2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 乱鴉の饗宴 下 | トップページ | 逍遥の季節◆乙川 優三郎 »

2009.11.08

初恋ソムリエ◆初野 晴

初恋ソムリエ

『初恋ソムリエ 』
(単行本)
初野 晴 (著)
価格: ¥ 1,680
単行本: 260ページ
出版社: 角川書店
(角川グループパブリッシング)
(2009/10/2)
ISBN-10: 4048739980
ISBN-13: 978-4048739986
発売日: 2009/10/2
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 2.2 cm

 『退出ゲーム』の続編です。
 推理小説としてはたぶん『退出ゲーム』の方が優れていると思いますし、「オモイデマクラ」みたいなびっくりさせる内容もありませんでしたが、登場人物がこなれてきて、キャラクターがはっきりしてきているため、場面が一層見えやすくなり、学園小説としてはすごく良くなってきていると思います。
 この本でマイベストにしても良いのですが、瀬名さん以来、久々の静岡出身のメジャー作家になってくれると期待して、(たぶん)大団円を迎える続編(高校3年生編)を待ちたいと思います。
 (武士道シリーズ同様、3冊そろったところで評価したいと思います)
 表題作の弛緩するような題名から、ファンタジー?世界、そして恐ろしい結論という流れを、違和感無く流していくのは感心しました。「退出ゲーム」のときもそうでしたが、このシリーズで作者は陽気な学園生活と、そのひとつ後ろにあるさまざまな社会的問題を、謎解きを通して垣間見せようとしているようです。
 良い本です。

« 乱鴉の饗宴 下 | トップページ | 逍遥の季節◆乙川 優三郎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初恋ソムリエ◆初野 晴:

« 乱鴉の饗宴 下 | トップページ | 逍遥の季節◆乙川 優三郎 »