2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 映画■ディア・ドクター | トップページ | インサイト日記■7月21日~26日の燃費 »

2009.07.24

千両花嫁―とびきり屋見立帖◆山本 兼一

千両花嫁―とびきり屋見立帖

『千両花嫁―とびきり屋見立帖』
(単行本)
山本 兼一 (著)
価格: ¥ 1,700
単行本: 360ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/05)
ISBN-10: 4163270507
ISBN-13: 978-4163270500
発売日: 2008/05
商品の寸法: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm

 山本さんは「利休にたずねよ」で直木賞を受賞され、注目していた作家さんの一人ですが、この本が初読みです。
 幕末の京都を舞台にした市井もので、老舗の茶道具屋からふね屋の娘「ゆず」と捨て子でからふね屋主人善衛門に拾われて育てられ、二番番頭をしていた真之介が両親の反対を押し切って結ばれ、営んでいるのが古道具屋「とびきり屋」である。道具屋らしい蘊蓄と、幕末の京都にふさわしく、芹沢鴨、近藤勇、高杉晋作、坂本龍馬らオールスターキャストが花を添える。
 読みやすく、こころ温まり、楽しいお話しでした。
 山本さんも注目して読んでいかなければ・・・。

« 映画■ディア・ドクター | トップページ | インサイト日記■7月21日~26日の燃費 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千両花嫁―とびきり屋見立帖◆山本 兼一:

« 映画■ディア・ドクター | トップページ | インサイト日記■7月21日~26日の燃費 »