« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

セレモニー黒真珠◆宮木あや子

セレモニー黒真珠

『セレモニー黒真珠』
(ダ・ヴィンチブックス)
宮木あや子 (著)
価格: ¥ 1,260
単行本(ソフトカバー): 235ページ
出版社: メディアファクトリー (2009/3/25)
ISBN-10: 4840127417
ISBN-13: 978-4840127417
発売日: 2009/3/25
商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm

 大変読みやすい、楽しいお話しでした。
 山本幸久さんや坂木司さんに代表されるような「職業」ものです。
 葬儀屋というあまりなじみのない仕事にうまく光を当てていると思います。
 でも、こういうお話しは坂木さんあたりに任しておいて、宮木さんには
 もっともっと良い本を書いてもらいたい。
 宮木さんがどんな本を書いてビックになっていくか、楽しみに見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

f植物園の巣穴◆梨木 香歩

f植物園の巣穴

『f植物園の巣穴』
梨木 香歩 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 193ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2009/5/7)
ISBN-10: 4022505885
ISBN-13: 978-4022505880
発売日: 2009/5/7
商品の寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm

 何度も書いていますが、梨木さんは大好きな作家さんの一人です。
 これまで、新刊が出たら買っていましたが、今回は図書館で借りました(すいません)。
 梨木さん独特のファンタジーが展開されますが、僕にはちょっと難しくて、よく解りませんでした。
 大量のメタファーが積み上げられているのでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂漠◆伊坂 幸太郎

砂漠

『砂漠』
(Jノベル・コレクション)
伊坂 幸太郎 (著)
価格: ¥ 980
単行本: 416ページ
出版社: 実業之日本社 (2008/8/1)
言語 日本語
ISBN-10: 4408535346
ISBN-13: 978-4408535340
発売日: 2008/8/1
商品の寸法: 18.2 x 12 x 2.4 cm

 1冊読むごとに伊坂さんに魅入られていくようです。
 この本はすごく気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深山に棲む声◆森谷 明子

深山に棲む声

『深山に棲む声』
(単行本)
森谷 明子 (著)
価格: ¥ 1,890
単行本: 397ページ
出版社: 双葉社 (2009/02)
ISBN-10: 4575236551
ISBN-13: 978-4575236552
発売日: 2009/02
商品の寸法: 19 x 13.6 x 3 cm

 森谷 明子さんの本の感想
 れんげ野原のまんなかで
 千年の黙 異本源氏物語

 ちょっと難しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/13の釣り

今回も清水に行きました。
清水次郎長通りの投げ釣り専門店「MISHIMA」に行くと、もうとっくに早朝営業は始まっていたようです。
(ホームページで見ると5月からはじまっていたのですね・・・)
オーナーに聞くと、あまりよくないとのことでしたが、東海大下をすすめられました。
駐車場が無いので、とりあえず羽衣の松の駐車場に止めます。
地引き網が開催されていて、浜辺にはかなりの人出があります。子供たちが水際で遊んでいたりします。
投げると、3色程度でアタリがあります。やや波があったため、波打ち際でバラしたり、アタリがあっても乗らなかったりして、釣果は3匹でしたが、上手い人なら10や20は行けそうです。
ややアタリが遠ざかったので、大きく南に移動して、次の浜に行きます(ここが東海大下でしょうか?)。
ここでは、1匹追加しただけで、あまりアタリがありませんでした。

今回は、翌日ドライブに行ったりして、うっかり釣った魚を冷蔵庫に放置してしまいました。
反省しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海王〈下〉◆宮本 昌孝

海王〈下〉

『海王〈下〉』
宮本 昌孝 (著)
価格: ¥ 2,310
単行本: 516ページ
出版社: 徳間書店 (2009/1/21)
言語 日本語
ISBN-10: 4198626650
ISBN-13: 978-4198626655
発売日: 2009/1/21
商品の寸法: 19 x 13.8 x 3.4 cm

 読み終えました。
 感想としては、この本は金庸さんの「武侠小説」にとてもよく似ていますね。
 アクションの連続と、意外な展開(それはないでしょ!無理無理!!みたいな…)、登場人物が多くしかもその関係が入り組んでいて、さらに歴史上の人物を配することでリアリティを出そうとする…。
 しかし、だれが主役なのかわからなくなるほど行き当たりばったりの(いや、著者はよく練っていると思うのですが残念ながら僕にはそう伝わってこないのです)展開を見せ、主題がなんなのか全然理解できない(民族性の違いもあると思います、同じく僕にはわかりにくいのです)金庸さんの一部の作品に近似したものも感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョーカー・ゲーム◆柳 広司

ジョーカー・ゲーム

『ジョーカー・ゲーム』
柳 広司 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 252ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2008/8/29)
ISBN-10: 4048738518
ISBN-13: 978-4048738514
発売日: 2008/8/29
商品の寸法: 20.2 x 19.3 x 13.3 cm

 柳さんは初めて読みます。
 スパイをテーマにした本はあまり読んだことがなかったですが、なるほどと思わせることが多く、作品のリアリティをあげていると思います。
 スパイにとって目立つことは失敗。一番避けるべきことは死ぬこと、殺すこと・・・
 これまで自分の持っていたスパイのイメージを大きく変えるような内容でした。
 柳さんの他の本も読んでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍びの国◆和田 竜

忍びの国

『忍びの国』
和田 竜 (著)
価格: ¥ 1,575
単行本: 277ページ
出版社: 新潮社 (2008/05)
ISBN-10: 4103068817
ISBN-13: 978-4103068815
発売日: 2008/05
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm

 面白かった!
 伊賀一の忍者(下忍)の「無門」と剛勇無双の武者「日置大膳」のぶつかり合いは勿論、両者の考え方の違いが物語に筋を通しています。
 意識して現代の若者の言葉に近い言葉を「無門」たち伊賀下忍にしゃべらせるたり、随所に参考文献の引用を入れたり、とても上手い演出で荒唐無稽な物語を、ただそれだけでなく、フィクションとしてのリアリティをを出すことに成功していると思います。
 マンガやアニメ的だと思う方もいると思いますが、これはこうやって楽しむタイプのお話しなので、歴史物を読むようにこの本を読むことは誤りに近いと思います。
 今頃読んでなんですが、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/30の釣り

30日はやや波が高い予報が出ていたので、最初から内海(三保内浦海水浴場あたり)に向かいました。
山口釣具店でアカイソメ300円を購入(5時30分開店のようです。開店直後くらいに行きましたが、もしかするともう少し早く開けていたのかもしれません)。
海水浴場の駐車場に車を置いて、浜に出てみると、旧トイレ前の先まで既に人が入っています。
一番南側に場所を取って、隣の方に聞くと、外側はやっぱりダメだそうです。ちょっと前に大きいのが釣れたので、ここに来てみたとのことで、先日は駒越で21匹釣ったという情報もいただきました。
とりあえず、投げるとすぐアタリあり。内海サイズ(12~13センチ)のキスです。
4色程度に投げると、1投1匹程度に釣れてきます。状態は良いようです。
ちょっと、トラブルがあって、2時間ほどで早上がりしたため、7匹でしたが、普通にやれば10匹以上は釣れていたと思います。
これからはどこでも釣れる良い時期に入ってきます。今週末は所用で無理ですが、13日が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »