« 栗本薫さんのご冥福をお祈りします。 | トップページ | 5/30の釣り »

2009.05.28

闇の華たち◆乙川 優三郎

闇の華たち

『闇の華たち』
乙川 優三郎 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 191ページ
出版社: 文藝春秋 (2009/04)
ISBN-10: 4163280901
ISBN-13: 978-4163280905
発売日: 2009/04
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm

 乙川さんは最近発刊される本が少なく、ちょっと残念。
 この本は短編集ですが、収録されている6編のうち、「花映る」「男の縁」「悪名」の3編が既読。
 初読は「笹の雪」「面影」「冬の華」ともっとたくさん新しい話が読みたいと思います。
 「笹の雪」はゆれる女性の心理を通して武家の「家」について描かれています。
 「面影」は桜田門外の変にかかわった武士の目から、終わりつつある武家社会の哀惜を、
 「冬の華」では、一人息子を本家の養子に出さねばならなかった医師夫婦の葛藤と医学に一生を捧げた人の美しさ、生きようとする人の心を描きます。「面影」「冬の華」は傑作です。
 「男の縁」「悪名」も代表作的な短編で、乙川さんの魅力が溢れた本ではありますが、6編中3編が既に他の短編集に収録されており、以前から乙川さんを読んでいる人は購入をためらうのではないでしょうか。

|

« 栗本薫さんのご冥福をお祈りします。 | トップページ | 5/30の釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闇の華たち◆乙川 優三郎:

« 栗本薫さんのご冥福をお祈りします。 | トップページ | 5/30の釣り »