« テメレア戦記〈1〉気高き王家の翼◆ナオミ ノヴィク | トップページ | 退出ゲーム◆初野 晴 »

真夜中のフーガ◆海野碧

真夜中のフーガ

『真夜中のフーガ 』
海野碧 (著)
価格: ¥ 1,785
単行本: 356ページ
出版社: 光文社 (2008/10/22)
ISBN-10: 4334926355
ISBN-13: 978-4334926359
発売日: 2008/10/22
商品の寸法: 19 x 13 x 3 cm

 『水上のパッサカリア』、『迷宮のファンダンゴ』と続いてきたシリーズ。
 岡田、紫野などの仲間を前面に出してきたことで、少し感じが変わっているかな?
 こういうハードボイルドを読む層の問題なのだろうが、「近頃の若い者は・・・」的なニュアンスが垣間見られて、ちょっと気になる。また、主人公の「人を信じない」生き方が作品の暖かさを拒んでいるように思える。
 『木枯らし紋次郎』や沢崎さんのような、「自分にはかかわりない」と言いながらどうしようもなく人と結びついていったしまう弱さが主人公にはないようだ。
 そのため、愛した女性とも初恋の女性とも母とも空疎な関係しか築いていけないという悲劇を生んでいる。
 同情はするが、自分の掘った穴に落ちているだけなので、まわりも助けようとしないのだろう。

 面白いシリーズだったが、もっと主人公に魅力があれば・・・と残念に感じます。
 

|

« テメレア戦記〈1〉気高き王家の翼◆ナオミ ノヴィク | トップページ | 退出ゲーム◆初野 晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/45055247

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のフーガ◆海野碧:

« テメレア戦記〈1〉気高き王家の翼◆ナオミ ノヴィク | トップページ | 退出ゲーム◆初野 晴 »