2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« テメレア戦記II 翡翠の玉座◆ナオミ ノヴィク | トップページ | 5/23の釣り »

2009.05.24

鷺と雪◆北村 薫

鷺と雪

『鷺と雪』
北村 薫 (著)
価格: ¥ 1,470
単行本: 261ページ
出版社: 文藝春秋 (2009/04)
ISBN-10: 4163280804
ISBN-13: 978-4163280806
発売日: 2009/04
商品の寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm

 北村薫さんの新作です。
 ベッキーさんのこのシリーズ、昭和初期の時代に生きる令嬢「花村英子」さんとそのお抱え女性運転手ベッキーさんこと「別宮みつ子」さんがいわゆる「日常の謎」を解き明かしていくものです。
 北村さんはミステリィという基本を抑えながら、膨大な資料を基に当時の社会・風俗を描き出しています。
 今回は、ラストにあの事件を持ってきています。
 美しい。すばらしく美しい構成です。
 久しぶりに読んでいて指先がしびれて冷たくなってくるような感動を味わいました。
 

« テメレア戦記II 翡翠の玉座◆ナオミ ノヴィク | トップページ | 5/23の釣り »

コメント

本書の中に出てくる山村慕鳥「聖三稜玻璃」は1915年(大正4年)に刊行されているようです。
 確かに、「騒擾ゆき」はあたかもその事件を予測しているようで、驚かされます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷺と雪◆北村 薫:

« テメレア戦記II 翡翠の玉座◆ナオミ ノヴィク | トップページ | 5/23の釣り »