« ちょっと自慢(ひさしぶり) | トップページ | コミック2冊 「PLUTO 7」 「XXXHOLiC 14」 »

2009.03.17

架空の球を追う◆森 絵都

架空の球を追う

『架空の球を追う』
森 絵都 (著)
価格: ¥ 1,400
単行本: 191ページ
出版社: 文藝春秋 (2009/01)
ISBN-10: 4163278303
ISBN-13: 978-4163278308
発売日: 2009/01
商品の寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm

 上手い。文句なしに素晴らしい短編集です。
 全体にユーモアにあふれていますが、きちんと鋭い針が隠されていて、感情のツボを突いてきます。(針治療??)
 すごい本です。これは買います。
 早くもチェーン・ポイズンを抜いて今年の暫定1位です。
 

|

« ちょっと自慢(ひさしぶり) | トップページ | コミック2冊 「PLUTO 7」 「XXXHOLiC 14」 »

コメント

こんばんは。
ツボへの針治療、いい刺激になりましたね。
おぉ、1位の変動。今年はいい本が多いみたいです。

トラックバックさせていただきました。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-758.html

投稿: 藍色 | 2009.03.22 02:40

藍色さん、ご来訪ありがとうございます。

 森さんは本当に上手いと思います。
 表題作の「架空の球を追う」は、少年野球のグラウンドに居ない人には絶対書けないお話しだと思います。
 母親の子供に対する愛情をこんなになんでもなく、しかも美しく書けるのは天性の才能とたゆまぬ努力による計算と技術がそろってのことだと思います。
 ユーモアいっぱいの本ですが、凄く深く計算されている本でもあると思います。
 (なんか、変なほめ方になってしまいました)

 TBありがとうございます。こちらからも送らせてもらいます。

 ※同じ場所に「あさのあつこ」さんがいたら、バッテリーもあんなにイヤなお話しにならなかったのでしょうが・・・。
 (途中で投げ出しているので、けなすのは失礼だとは思いますが)

投稿: t-saito | 2009.03.25 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 架空の球を追う◆森 絵都:

« ちょっと自慢(ひさしぶり) | トップページ | コミック2冊 「PLUTO 7」 「XXXHOLiC 14」 »