2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 11/2 の釣り | トップページ | シチュエーションパズルの攻防◆竹内 真 »

2008.11.04

フィッシュストーリー ◆伊坂 幸太郎

フィッシュストーリー

『フィッシュストーリー 』
伊坂 幸太郎 (著)
価格: ¥ 1,470 (税込)
単行本: 258ページ
出版社: 新潮社 (2007/1/30)
ISBN-10: 4104596027
ISBN-13: 978-4104596027
発売日: 2007/1/30
商品の寸法: 19.2 x 13.8 x 2.8 cm

伊坂 幸太郎さんの既読本
 重力ピエロ 2007/09
 死神の精度 2007/12
 終末のフール 2008/09

 伊坂さんは不思議な魅力を持っています。
 この短編集は、どこが良いと具体的にいえないのに、なぜか気持ちの良い一種の満足感を与えてくれます。
 ファンが多いのもうなずけます。僕もこれから全部の本を読むことになるのだろうな・・・という確信があります。

 この本は西奈図書館の本で、本来では西奈図書館に行くか、予約を入れるかしなければ僕の通っている北部図書館で借りることはできないはずですが、何故か北部図書館の開架で見つけて借りた本です。
 ちょっと運命的な出会いなのかもしれません。

« 11/2 の釣り | トップページ | シチュエーションパズルの攻防◆竹内 真 »

コメント

釣りの本だと思って読んだわけではありません。
念のため。

Kazeです。
僕も伊坂作品を全部読もうと思っています。
先日、「砂漠」を読み終わって、これから「魔王」を読み始めるところです。
「フィッシュストーリー」もそうですが、伊坂は時間と空間と語り言葉の扱い方が巧みだと思いませんか。
それと、登場人物のいい意味での青臭い正義感に心地よさを感じます。

kazeさま、ご来訪ありがとうございます。
確かに、伊坂さんの感じは、kazeさんのイメージに合っているような気がします。
スタイリッシュなようで、地方都市的な泥臭さが同居しているように思います。「本屋大賞」は受けても「直木賞」は辞退する作者自体の生き方にも感心します。
ぼつぼつ読んで感想を載せていきますので、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュストーリー ◆伊坂 幸太郎:

« 11/2 の釣り | トップページ | シチュエーションパズルの攻防◆竹内 真 »