« フィッシュストーリー ◆伊坂 幸太郎 | トップページ | 新世界より 上 ◆貴志 祐介 »

2008.11.05

シチュエーションパズルの攻防◆竹内 真

シチュエーションパズルの攻防

『シチュエーションパズルの攻防 』
―珊瑚朗先生無頼控 (創元クライム・クラブ)
竹内 真 (著)
価格: ¥ 1,575 (税込)
単行本: 222ページ
出版社: 東京創元社 (2008/06)
ISBN-10: 4488025277
ISBN-13: 978-4488025274
発売日: 2008/06
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm

竹内 真さんの既読本
 自転車少年記 2006/04

 「自転車少年記」は無駄に長く感じましたが、この本は薄いコーヒーをちょっとだけ出されたようで、印象が薄く、満足感も、ついでに本の厚さも薄い感じ。
 悪くはないのですが・・・。
 (以下ネタバレです)

 安楽椅子探偵ものですが、推理の根拠が納得できるものではなく「そういう可能性もあるな・・・。」程度に感じられます。
 パズル色の強い推理小説の場合、論理的にきちんと説明できたり、意外な思考法、観点で説明したりしないとダメだと思います。この本はそういう意味では及第点に届いていないように思えるのですが・・・。
 批判しているわけではなく、もう少しジャンルに拘泥しない作品にした方が著者の力が発揮できるのではないかと考えたものですから・・・。

|

« フィッシュストーリー ◆伊坂 幸太郎 | トップページ | 新世界より 上 ◆貴志 祐介 »

コメント

こんばんは。
やっぱり、もう少しな作品でしたね。
文壇バーの雰囲気は良く出ていたと思いますが、
ミステリとしては、不満が残っちゃいました。

投稿: 藍色 | 2008.11.17 20:03

藍色さん、コメント、TBありがとうございました。
そうですね。文壇バーというのはちょっとイメージが湧きませんでしたが、ああいうものなのですね。
なんか、現実感が無い世界ですが、知識階級の人たちはああいうものなのでしょうか?

投稿: t-saito | 2008.11.25 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シチュエーションパズルの攻防◆竹内 真:

« フィッシュストーリー ◆伊坂 幸太郎 | トップページ | 新世界より 上 ◆貴志 祐介 »