« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

風の大陸 4◆竹河 聖

風の大陸 4

『風の大陸 4 決定版』
竹河 聖 (著)
価格: ¥ 3,150 (税込)
単行本: 692ページ
出版社: 富士見書房 (2007/10)
ISBN-10: 4829176431
ISBN-13: 978-4829176436
発売日: 2007/10
商品の寸法: 19.2 x 13.6 x 3.6 cm

 他の人に借りられていて(静岡市の図書館全体で1冊しかないんですね、この本)、少し時間が空いてしまいましたが、4冊目を読みました。
 前回変なことを書いてしまいましたが、竹河さんは女性ですよね。だもんでこんなに宮廷陰謀劇が好きで、戦争シーンが苦手なのでしょう。普通に考えるべきでした。
 なんで竹河さんが男性だと思ってしまったか、今となっては逆に不思議です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏果を得ず◆三浦 しをん

仏果を得ず

『仏果を得ず』
三浦 しをん (著)
価格: ¥ 1,575 (税込)
単行本: 284ページ
出版社: 双葉社 (2007/11)
ISBN-10: 4575235946
ISBN-13: 978-4575235944
発売日: 2007/11
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm

三浦しをんさんの既読書
 風が強く吹いている 2007/09
 まほろ駅前多田便利軒 2008/04

 「風が強く・・・」もそうでしたが、三浦さんの本を読むと、人形浄瑠璃が本当に素晴らしく書いてあるので、ついつい見に行って、何もわからなくてがっかりする人も出てくるのではないでしょうか?
 いや、決して近くにそういう人がいるというわけではありません。決して。決して。

 それくらい臨場感があって、文楽に打ち込んでいく人たちが生き生きと描かれています。
 上手いなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブコメ今昔◆有川 浩

ラブコメ今昔

『ラブコメ今昔』
有川 浩 (著)
価格: ¥ 1,470 (税込)
単行本: 279ページ
出版社: 角川グループパブリッシング (2008/7/1)
ISBN-10: 404873850X
ISBN-13: 978-4048738507
発売日: 2008/7/1
商品の寸法: 19 x 14 x 2.6 cm

有川浩さんの既読書
 図書館戦争
 図書館内乱
 レインツリーの国
 クジラの彼
 図書館危機
 塩の街
 図書館革命
 阪急電車
 別冊図書館戦争 1

 自衛隊の恋愛物のその2

 前作「クジラの彼」に比べて、男前の女の子が若干減って、いい男が増えているような気がします。
 有川さんも自衛官のみなさんへの取材で、いい男ぶりを痛感したのでしょうか?

 僕自身は、若干左よりな考え方をする人間だと思いますが、やっぱり国防は大事だと思うし、自衛隊の隊員さんには頑張ってもらいたいと思っています。
 うん、恋愛も頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたり(魚信)◆山本 甲士

あたり(魚信)

『あたり(魚信) 』
山本 甲士 (著)
価格: ¥ 1,700 (税込)
単行本: 269ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/06)
ISBN-10: 4163266402
ISBN-13: 978-4163266404
発売日: 2008/06
商品の寸法: 19 x 13.8 x 2.4 cm

 釣りを巡るいくつかの奇跡のお話。
 良い本でした。
 出来れば海釣りの話も欲しかったな・・・。
 川釣りもやってみようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/25の釣り

涼しくなってきました。
とうとう、日和って朝マズメを狙わずに10時過ぎに家を出ました。
本日の目標は久能海岸です。
駐車場がみつけられずにこれまで敬遠していましたが、釣れているという情報もあり、ゆっくりの分、釣果を求めずロケーションの確認をします。
だいぶ静岡側の中平松のバス停前から浜に下りると、道路側のテトラと海側のテトラの間が砂浜で繋がっていて、テトラとテトラの間がワンド状になっており、大浜あたりのワンドと大差ない感じでした。
釣れそうな感じでしたが、当たりは全くなく、昼飯のあんパンを食べて撤収しました。
地元の方もバケツにイシモチ(大)が1匹いましたが、あまりよくないとのことでした。
エサを買った釣り道具屋ですすめられた用宗港に行こうかと思いましたが、帰り際に出会った釣り人に、用宗に行ったがぜんぜんダメだったという情報をいただいたので、とりあえず内海に向かうことにしました。
内海の三保マリーナ側に到着、ジェットバイクの人たちもそろそろ帰りはじめています。連絡船乗り場は団体客でにぎわっていました。
ここはもうすっかりピンギスでいっぱいになっているようで、当たりがはっきりしませんが、投げると必ずついてきます。でも、小さい・・・。10cmより大きいものを7匹唐揚げにしようかと持って帰ることにしましたが、リリースしたものも数匹。
たぶん、6本や8本の針でやっても全部ついてくるのでは・・。

もう少し大きくなって当たりがはっきりするようになれば楽しいのですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb ◆道尾 秀介

カラスの親指

『カラスの親指』
道尾 秀介 (著)
価格: ¥ 1,785 (税込)
単行本: 424ページ
出版社: 講談社 (2008/7/23)
ISBN-10: 4062148056
ISBN-13: 978-4062148054
発売日: 2008/7/23
商品の寸法: 19.2 x 12.2 x 3 cm

 道尾秀介さんの既読本
 ラットマン
 ソロモンの犬
 向日葵の咲かない夏
 シャドウ
 片眼の猿
 ラットマン

 道尾さん。好きです。・・・・・(注)告っている訳ではない。
 最近は一番楽しみにしている作家さんです。
 道尾さんに騙されるのを楽しみにしている自分て・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショコラティエの勲章◆上田 早夕里

ショコラティエの勲章

『ショコラティエの勲章』
(ミステリ・フロンティア 44)
上田 早夕里 (著)
価格: ¥ 1,575 (税込)
単行本: 278ページ
出版社: 東京創元社 (2008/03)
ISBN-10: 4488017509
ISBN-13: 978-4488017507
発売日: 2008/03
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm

 上田さんは初読みだと思ったら、「火星ダーク・バラード」を読んでいました。
 あまりにも傾向が違うので、一致させることが出来ませんでした。
 多彩な才能を持った方ですね。
 食べ物系のミステリィは、近藤さんと比べてはいけないと思いつつ、つい比べてしまって点が辛くなってしまいます。
 なかなか水準が高く、次回作に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/13の釣り

3連休の3日目、今日を逃すと…。ということで、ちょっと寝坊しましたが、三保に釣りに行ってきました。
今日は、できればカワハギを釣りたいなぁ。
以前、「表側で数釣りをした」と仰っていた人が居たのを思い出し、表側のやったことのないところを…と灯台下に行ってみます。ここは、ルアーと弓角、カゴ釣りの方がほとんどの様。場所が悪かったのか、1投目から根がかりで錘・力糸をロスとしてしまいます。
思ったより風があり、ちょっと投げ辛かったため、そのまま内海側に移動しました。
内海は思ったよりもすいていて、旧トイレ前、やや右側に入ることができました。
ここで、20cm弱と10cmちょっとの2匹を釣ることができました。
キスは手に入りましたが、念願のカワハギはどこで手に入れることはできるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のくじら◆大崎 梢

夏のくじら

『夏のくじら』
(単行本)
大崎 梢 (著)
価格: ¥ 1,700 (税込)
単行本: 315ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/08)
ISBN-10: 4163273301
ISBN-13: 978-4163273303
発売日: 2008/08
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm

 大崎梢さんの既読本
 片耳うさぎ 2007/10
 サイン会はいかが? 2007/06
 配達あかずきん 2006/08
 晩夏に捧ぐ 2006/11
 平台がおまちかね 2008/08

 大崎さんですが、ミステリィではなく、高知の「よさこい」を取り上げた青春小説。
 とても清清しい、よいお話でした。
 
 「よさこい」は、阿波踊りに対抗して始められた、神仏に関係の無い、行事なのですね。
 清水の「みなとかっぽれ」と同じなんだ・・・。勿論、「みなと・・・」は「よさこい」の成功に追随しただけなのでしょうが…。全国にも同じようなイベントがたくさんあり、札幌の「よさこいソーラン」は本家よりも有名だそうです。

 このお話では、踊りのシーンの臨場感がすばらしく、行ってみたいと正直思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

批評について(謝罪)

このブログは、基本的に自分のための日記なので、つまらなかった本はつまらなかったと、問題のある本は、問題があると書くようにしています。
だから、嫌いな作家(三崎亜紀さんなど)に対しては若干毒のある表現をしていますが、自分としては真っ当な批判しかしていないつもりでした。

しかし、東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」への批判のうち、トリックに関する部分に大きな思い違いがあって、とても悪いことをしてしまったと反省しています。ここで謝罪をしたいと思います。
今回、知人に指摘されるまで完全にトリックを誤認していました。
誤認したことをほかの人の目にとまる可能性のあるブログに書くことはまったく恥ずかしいことであるうえ、それを根拠に本を批判したことは言い訳のしようもありません。
東野さんと、このブログを見てくれたすべての方に謝罪します。すいませんでした。
誤認のあった部分は削除しました。

先日Tk(息子)が帰ってきた時のこと、どういう話の流れかは分かりませんが、突然アニメ「時をかける少女」批判をはじめたのです。
僕とNe(娘)は先日見直したりして、このアニメは大好きなのですが、Tkの批判点は主に2点です。
(1)河原のタイムリープの時に河原に戻っている。他のタイムリープでは別の場所に出ている。
(2)未来から来た少年は、1回だけ残回数が残っていた筈なので、クルミを紛失した前の時点にタイムリープすれば、このお話自体が起こりえない。
(1)については、今イチよく解りませんでしたが、(2)については確かにその通りです。でもまあ、フィクションなんだから・・・そこに拘泥してしまってはダメじゃないの?という感じ。
正直言って、そんな些末なことでこのアニメの評価をしても・・・と思いました。
正しい批判でも、こうなのに、ましてや誤認での批判では・・。反省しています。

 Tkは市内の大学の学生なのですが、僕やAk(女房)のように自宅から通うとどうしても親に依存してしまって独立心が養われないのではないかという親バカな理由で、一人暮らしをさせています。アルバイト先(吉牛)の話など聞いて、成長したなあ・・などと思っていたのですが、友人と「コミケ」に行く。などと言いだし、何故そっち系に進むかなぁ、やっぱり遺伝かなぁ?とちょっとヒヤヒヤしたりしています。
 バイトを入れすぎて、自動車学校に行けなくなり仮免の期間が迫ってしまったり、何かあぶなっかこしいですがまあ、無事に大学生活をエンジョイしているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球の国のアリス◆北村 薫

野球の国のアリス

『野球の国のアリス 』
(MYSTERY LAND)
北村 薫 (著)
価格: ¥ 2,100 (税込)
単行本: 290ページ
出版社: 講談社 (2008/8/7)
ISBN-10: 4062705842
ISBN-13: 978-4062705844
発売日: 2008/8/7
商品の寸法: 19 x 14.2 x 2.6 cm

 北村薫さんの既読本
 1950年のバックトス 2007/10
 ひとがた流し 2007/07
 玻璃の天 2007/05
 語り女たち 2007/05
 ニッポン硬貨の謎 2005/08
 街の灯 2003/02


 えー、最近の北村さんの作品はそういうお話が多いですが、このお話もミステリィではありません。
 ミステリィランドというシリーズ自体が、そうとう大きくミステリィをとらえているので、看板にいつわりありとは申しませんが…。
 折角北村さんが、少年少女のために本を作るのなら、ミステリィにしてほしかったな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒野◆桜庭 一樹

荒野

『荒野』
桜庭 一樹 (著)
価格: ¥ 1,764 (税込)
単行本: 506ページ
出版社: 文藝春秋 (2008/5/28)
ISBN-10: 416327040X
ISBN-13: 978-4163270401
発売日: 2008/5/28
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 3 cm
 

 中学1年生から、高校1年生までの鎌倉に住む恋愛小説家の娘「荒野」の成長をテーマに、”女”や”恋”や”愛”や得意の”家”などを描いています。
 とてもかわいらしい、良い本なのです。

 しかし、この本はやっぱりファミ通文庫に在った方が良いと思うし、「直木賞」と「文藝春秋」という大人の事情で出版されたに違いないと思うと、可哀想な気がします。
 桜庭さんは、基本的にこういうライトノベル系の作家さんだと思います。そういう意味では乙一さんと同じなのではないでしょうか。
 「大人」に挑戦することはよいことですが、そのために大事なものを「大人の事情」に踏みにじられているよに思えて・・・。そのことの方がよほど哀しく思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うそうそ◆畠中 恵

うそうそ

『うそうそ』
畠中 恵 (著)
価格: ¥ 1,470 (税込)
単行本: 272ページ
出版社: 新潮社 (2006/5/30)
ISBN-10: 4104507059
ISBN-13: 978-4104507054
発売日: 2006/5/30
商品の寸法: 19.2 x 13 x 2.4 cm

 

 長崎屋の若だんな、今回は箱根に湯治の旅に出ますが・・。
 う~ん、続けてなんですがコメントはありません。

 「しゃばけ」シリーズは予約が詰まっていて図書館の開架にならぶことは
 あまりなかったのですが、4日はある程度の冊数ならんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうふく あかの◆西 加奈子

こうふく あかの

『こうふく あかの』
西 加奈子 (著)
価格: ¥ 1,260 (税込)
単行本: 178ページ
出版社: 小学館 (2008/3/27)
言語 日本語
ISBN-10: 4093862095
ISBN-13: 978-4093862097
発売日: 2008/3/27
商品の寸法: 19.2 x 13.2 x 2 cm

 西 加奈子 さんの読了本
 あおい 2008/05
 こうふくみどりの 2008/05
 しずく 2007/07
 通天閣 2006/12
 さくら  2006/10
 きいろいゾウ 2006/08

 

 ごめんなさい、コメントはありません。

 クローバーと並べるとクリスマスみたいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローバー◆島本 理生

クローバー

『クローバー』
島本 理生 (著)
価格: ¥ 1,365 (税込)
単行本: 259ページ
出版社: 角川書店 (2007/11)
ISBN-10: 4048738178
ISBN-13: 978-4048738170
発売日: 2007/11
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm

 島本 理生さんの読了本
 一千一秒の日々 2006/07
 ナラタージュ 2005/11
 

 良い話だったのですが・・。なんか印象に残らない。
 これといった大きな事件がなく、至って日常的に時が流れるためでしょうか。
 島本さんは『ナラタージュ』の呪いのような愛(恋?)の印象が強すぎて、冬治と雪子、華子と熊野(細野)という主人公側から見るとぬるい感情からはじまっている関係が薄く感じるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »