2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 9/15の釣り | トップページ | 9/23の釣り »

2008.09.22

ラン◆森 絵都

ラン

『ラン』
森 絵都 (著)
価格: ¥ 1,785 (税込)
単行本: 463ページ
出版社: 理論社 (2008/6/19)
言語 日本語
ISBN-10: 4652079338
ISBN-13: 978-4652079331
発売日: 2008/6/19
商品の寸法: 18.4 x 13.8 x 3 cm

森絵都さんの既読本
 いつかパラソルの下で 2005/10
 永遠の出口 2005/12
 屋久島ジュウソウ 2006/5
 風に舞いあがるビニールシート  2006/12
 カラフル 2007/10
 DIVE!!〈上〉 2008/5
 DIVE!!〈下〉 2008/5

 森絵都さんの直木賞受賞後初の小説になります。
 森さんの立ち位置が、直木賞の受賞前後で変わっていないことが確認できるような本でした。
 桜庭さんが受賞後妙にとんがってしまったり、伊坂さんがノミネート前に辞退したり、直木賞の影響ってやっぱり大きすぎると思いますが、そういったものに流されずに上手に乗っていく(?)したたかさが森さんにはあります。
 毎日新聞に連載されていた、「犬」のお話も先日終了しましたが、とても感動的な、考えさせられるドキュメンタリーになっていました(「風に・・・」にもそのお話がありましたね)。
 今後も上手に世間の波に乗りながら、頑張って良い本を書いてもらいたいとエールを送っておきます。

 「DIVE!」の佐藤さんの解説で、森さんが次の作品のために走っているという暴露話がありましたが、この本のためだったのですね・・・。結構時間がかかっている。それだけ労作だということなのでしょう。

« 9/15の釣り | トップページ | 9/23の釣り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラン◆森 絵都:

« 9/15の釣り | トップページ | 9/23の釣り »