2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 陽だまりの彼女 | トップページ | 白蝶花 »

2008.08.01

雲上都市の大冒険

雲上都市の大冒険

『雲上都市の大冒険 』
山口 芳宏 (著)
価格: ¥ 2,310 (税込)
単行本: 394ページ
出版社: 東京創元社 (2007/10)
ISBN-10: 4488023975
ISBN-13: 978-4488023973
発売日: 2007/10
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 3.4 cm

 第17回(2007年)鮎川哲也賞受賞作

 2人の探偵があまりにも個性的でぶっ飛んでいるし、昭和の雰囲気も良い。
 トリックや設定はは??と思うところが多かったのは事実ですが、楽しく読めました。

 しかし・・。自分の生まれた時期とそう違わない時代なのに、自分が大正や明治に
 感じていた「昔」のイメージが、今の若い人にとってのこの時代なのでしょうか?
 映画「三丁目の夕日」の昭和ノスタルジー、マガジン・サンデーの50周年、
 妙に自分の生まれた時期が・・・「昭和は遠くなりにけり・・」

« 陽だまりの彼女 | トップページ | 白蝶花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲上都市の大冒険:

« 陽だまりの彼女 | トップページ | 白蝶花 »