« 妙なる技の乙女たち◆小川 一水 (著) | トップページ | プチ母校自慢 »

2008.08.25

平台がおまちかね◆大崎 梢 (著)

平台がおまちかね

『平台がおまちかね』
大崎 梢 (著)
価格: ¥ 1,575 (税込)
単行本: 260ページ
出版社: 東京創元社 (2008/06)
ISBN-10: 4488025285
ISBN-13: 978-4488025281
発売日: 2008/06
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.4 cm

 大崎梢さんの既読本
 片耳うさぎ 2007/10
 サイン会はいかが? 2007/06
 配達あかずきん 2006/08
 晩夏に捧ぐ 2006/11

 大崎さんといえば、同じ東京創元社の「ミステリィ・フロンティア」で3冊の既刊がある「成風堂書店シリーズ」ですが、こちらの「クライム・クラブ」では小規模出版社「明林書房」の新米営業員”ひつじくん”こと「井辻智紀」を主人公に、出版社の営業という我々素人には全くなじみのない人たちを描いています。
 無理に成風堂書店シリーズの続編にせずに、同じ業界でも別の視点から描いたことは新味もあって良かったのではないでしょうか。
 大きなサプライズはありませんが、安定していて安心して読める内容です。人情噺で泣かせるところもきちんと用意されていますし、脇役たちもなかなか良い感じです。
 井辻くんの魅力がいまいちのところがありますが、まあ、ラブコメの主人公と同じでちょっと個性が弱い方が感情移入できて良いのかもしれません。
 些末なことですが、最後の書き下ろし「ときめきのポップスター」につまらない誤字がいくつか見られました。編集者の方も大変だとは思いますが、素人にも分かってしまうような誤りはいただけません。頑張ってください。
 (東京創元社は平凡社とならんで好きな出版社なのでちょっと苦言を・・・)

|

« 妙なる技の乙女たち◆小川 一水 (著) | トップページ | プチ母校自慢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平台がおまちかね◆大崎 梢 (著):

« 妙なる技の乙女たち◆小川 一水 (著) | トップページ | プチ母校自慢 »