« 平台がおまちかね◆大崎 梢 (著) | トップページ | ありがとう、さようなら◆瀬尾まいこ (著) »

2008.08.25

プチ母校自慢

僕は藤枝東高校の出身ですが、先日新聞に素晴らしい記事が載りました。

以下は、TNCのニュース(毎日新聞から情報をもらっています)の引用です。

高校野球:女子部員も試合を 公式戦出場資格求め、藤枝市が要望書提出

 ◇「体力差は理由にならない」 日本高野連などに藤枝市要望書提出
 夏の高校野球県大会の始球式に市内の女子選手が登板した藤枝市は22日、女子の高校野球部員にも公式戦の出場資格を与えるよう、県高野連と日本高野連に要望書を提出した。日本高野連によると自治体からの要望は異例だが、01年5月に高知県が行った同様の要望は「男女の体力差があり、けが防止に現場の責任が持てない」として認められなかった。今回の要望に、高野連は「突然の話で驚いている。今後検討するかも分からない」と話している。
 要望書は市長と市議会議長の連名で、「男子部員とともに練習に取り組んでいる」と指摘。リトルリーグや大学野球では女子部員が出場している現状を挙げて、体力差は理由にならないと、出場を認めるよう求めている。
 同市では、藤枝東高野球部に女子部員の渡辺光里選手(2年)が所属。今夏の女子硬式野球選手権大会には、連合チームの一員として活躍した有望選手だ。夏の県大会では始球式に登板したものの、試合には出場できなかったことから、同市議会定例会で出場資格を巡って議論が起こっていた。
 全国高校女子硬式野球連盟によると、高校の女子硬式野球選手は全国に約250人いるが、野球部は5校しかない。【稲生陽】

08月23日 11時09分

 本来スポーツは男性と女性を分けて競技すべきで、野球も男子、女子、混合とテニスのダブルスようになればベストなのでしょうが、女子硬式野球の裾野の小ささはいかんともしがたく、今頑張っている女子を救うためにはとりあえず全て混合にするしかありません。

 渡辺さんには是非試合に出て活躍してもらいたい。僕も三十数年ぶりに母校の野球の応援に行きたいと思います(サッカーは時々行っているのですが・・すいません)。
 

|

« 平台がおまちかね◆大崎 梢 (著) | トップページ | ありがとう、さようなら◆瀬尾まいこ (著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プチ母校自慢:

« 平台がおまちかね◆大崎 梢 (著) | トップページ | ありがとう、さようなら◆瀬尾まいこ (著) »