2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« プチ母校自慢 | トップページ | 対話篇◆金城 一紀 (著) »

2008.08.26

ありがとう、さようなら◆瀬尾まいこ (著)

ありがとう、さようなら

『ありがとう、さようなら 』
(ダ・ヴィンチブックス)
瀬尾まいこ (著)
価格: ¥ 1,260 (税込)
単行本(ソフトカバー): 176ページ
出版社: メディアファクトリー (2007/7/4)
ISBN-10: 4840118787
ISBN-13: 978-4840118781
発売日: 2007/7/4
商品の寸法: 18.8 x 13.4 x 2.2 cm

瀬尾 まいこさんの既読書
 優しい音楽 2005/10
 卵の緒 2007/03
 強運の持ち主 2007/10
 温室デイズ 2007/10
 幸福な食卓 2007/10
 天国はまだ遠く 2007/10
 戸村飯店青春100連発 2008/05
 

 瀬尾まいこさんの「本職(?)」の中学教師としての生活をエッセイとしてまとめたものです。
 中学生たちの優しさ、きまじめさがとても瑞々しく伝わってきて、温かい気持ちになれる本です。

 Neは中学1年生なので、瀬尾さんのような良い先生に出会って、明るく思いやりのある人に育ってもらいたいと思います。

 本当はいけないんでしょうが、最初からクリティカルヒットだった「給食の鯖」の中の生徒の「詩」を引用します。

 僕は嫌いな物がたくさんあります。
 でも、あまり大きな声でそれを発表できないということに気付いたのです。
 例えば「鯖」です。
 でも実は僕はそんなに鯖を嫌ってないのです。
 ぜひ、びっくりしてください。
 そして「なぜ嫌いなのに嫌いじゃないの?」と聞いていください。
 僕はこう答えます。「秘密だ」と。
 以前、ある人が「私は鯖が嫌いだ」と言ったことがあります。
 そうして僕は気付きました。少なくとも鯖は2人の人に嫌われている。
 もう二度と大きな声で嫌いだと言わないでおこう。

 こういう詩(人、気持ち)に出会えるなら、30年前に頑張って教職をめざすのだったなぁとちょっと残念に思います。

« プチ母校自慢 | トップページ | 対話篇◆金城 一紀 (著) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、さようなら◆瀬尾まいこ (著):

« プチ母校自慢 | トップページ | 対話篇◆金城 一紀 (著) »