2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« にわか大根 | トップページ | 女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 »

2008.06.09

小生物語

小生物語

『小生物語』

小生物語 (幻冬舎文庫 お 10-3) (文庫)
乙一 (著)
価格: ¥ 520 (税込)
文庫: 264ページ
出版社: 幻冬舎 (2007/04)
ISBN-10: 4344409353
ISBN-13: 978-4344409354
発売日: 2007/04
商品の寸法: 15 x 10.2 x 1.4 cm

乙一さんの既読書
 失踪HOLIDAY 2004/01
 ZOO 2004/2
 GOTH リストカット事件 2005/5

 こうしてみると、乙一さんの本をあまり読んでいません。
 出版自体が少ないですし・・・。

 さて、この小生物語ではいろいろな発見がありました。
 P223で「11月前半」のまとめ書きをしていますが、「大阪の殺人者(の彼女?)の本棚に小生の本があったらしい、という内容だった」と角川書店の編集者さんから連絡を受けたことを述べ、次のページにそのことについての真摯な意見表明があります。自分の「スロウハイツ・・」の感想が的外れなものではなかったと安心しました。
 P197からの脚注にファウストの作家仲間たちと合コンを行い、そこに島本理生さんが来て、古い映画の話をしたという記述がありますが、男性人の参加メンバーが西尾維新さん、滝本竜彦さん、佐藤友哉さんと乙さんだったそうです。
 佐藤-島本のカップルは合コンで知り合ったのかっ!!
 しかも佐藤さんは北海道出身の女の子にかまけていたようだし・・。

 と、いうことはさておき、乙一さんにはとにかくもっと書いてもらいたい。
 辻村さんではないが応援したくなります。
 とりあえず、乙一さんの今出ている本を読んでおくことにします。

« にわか大根 | トップページ | 女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小生物語:

« にわか大根 | トップページ | 女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 »