« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

DIVE!!〈下〉

DIVE!!〈下〉

『DIVE!!〈下〉』

DIVE!!〈下〉 (角川文庫)
森 絵都 (著)
価格: ¥ 580 (税込)
文庫: 381ページ
出版社: 角川書店 (2006/5/25)
ISBN-10: 4043791046
ISBN-13: 978-4043791040
発売日: 2006/5/25
商品の寸法: 15 x 10.4 x 1.6 cm

森 絵都 さんの既読書
 いつかパラソルの下で 2005/10
 永遠の出口 2005/12
 屋久島ジュウソウ 2006/5
 風に舞いあがるビニールシート  2006/12
 カラフル 2007/10
 DIVE!!〈上〉 2008/5

 凄く面白かった。
 さすが、森絵都さんです。
 主人公3人のみならず、彼らを取り囲んでいる人々も丹念に描いていて、それが3人の個性をグッと引き立てています。
 色々なことに揺れながらも目標に向けて精一杯がんばる主人公たち。
 そして、手に汗握る競技の描写。
 素晴らしいスポーツ小説です。

 解説は佐藤多佳子さん、この文庫本の初版は2006年5月、佐藤さんの傑作「一瞬の風になれ」は2006年8月の刊行です。北上さんがあさのさんの「バッテリー」を加えて「ビック3」的な評価をしていますが、その2人が奇しくも文庫本の解説を書いているのですね。
 文庫本って、解説の分だけお徳ですね・・・・・まあ、解説削ってその分まけろ!といいたいようなこともありますが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIVE!!〈上〉

DIVE!!〈上〉

『DIVE!!〈上〉』

DIVE!!〈上〉 (角川文庫)
森 絵都 (著)
価格: ¥ 580 (税込)
文庫: 366ページ
出版社: 角川書店 (2006/5/25)
ISBN-10: 4043791038
ISBN-13: 978-4043791033
発売日: 2006/5/25
商品の寸法: 14.8 x 10.4 x 1.6 cm

森 絵都 さんの既読書
 いつかパラソルの下で 2005/10
 永遠の出口 2005/12
 屋久島ジュウソウ 2006/5
 風に舞いあがるビニールシート  2006/12
 カラフル

 森絵都さんは凄く買っている作家さんで、「DIVE!」もAkからすすめられていたりしたので文庫本を買って、積んでありました。
 解説のあさのあつこさんは、最初の惹句に賛辞を送っているようですが、僕はちょっと引いてしまってなかなか取りかかれませんでした。(あさのさんと僕は波長が合わないみたいで、あさのさんの本を読んで良かったと思ったことがないんです。)
 
 もの凄く面白い本です。上巻しか読んでいませんが、おすすめです。

 それにつけても、Amazonのこの直筆コメントは・・。
 ぜんぜん宣伝になっていないんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青の炎

青の炎

『青の炎』

青の炎 (角川文庫) (文庫)
貴志 祐介 (著)
価格: ¥ 700 (税込)
文庫: 495ページ
出版社: 角川書店 (2002/10)
ISBN-10: 4041979064
ISBN-13: 978-4041979068
発売日: 2002/10
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm

貴志 祐介さんの既読書
 硝子のハンマー 2008/05

 主人公に感情移入が出来ないので、読んでいてもちょっと厳しい。
 2人目を殺しちゃうところが「青の炎」なんだろうと思いますが、ちょっとその辺から・・。

 ちょっと、感想がありますがネタバレなのでコメントで入れます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あおい

あおい

『あおい』

あおい (小学館文庫 に 17-1) (文庫)
西 加奈子 (著)
価格: ¥ 480 (税込)
文庫: 208ページ
出版社: 小学館 (2007/6/6)
ISBN-10: 4094081739
ISBN-13: 978-4094081732
発売日: 2007/6/6
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm

西 加奈子さんの既読書
 しずく 2007/07
 通天閣 2006/12
 さくら  2006/10
 きいろいゾウ 2006/08
 こうふくみどりの

 西さんのデビュー作だそうです。
 西さんの「優しさ」が良く出ていて、良い本だと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

戸村飯店青春100連発

戸村飯店青春100連発

『戸村飯店青春100連発 』

瀬尾 まいこ (著), 小池アミイゴ (イラスト)
価格: ¥ 1,575 (税込)
単行本: 328ページ
出版社: 理論社; B6版 (2008/3/20)
言語 日本語
ISBN-10: 4652079249
ISBN-13: 978-4652079249
発売日: 2008/3/20
商品の寸法: 18.4 x 13.6 x 2.8 cm

瀬尾 まいこさんの既読書
 優しい音楽 2005/10
 卵の緒 2007/03
 強運の持ち主 2007/10
 温室デイズ 2007/10
 幸福な食卓 2007/10
 天国はまだ遠く 2007/10
 

 なんか、ブログに記事を書くのをすっかり忘れていた本です。
 (この本と、ふたつめの月)どちらも良い本なのですが・・。何故忘れてしまったのか・・。

 良い本です。瀬尾さんは凄く高い水準で安定してきているように感じます。
 この本は、とても綺麗に咲いた花を見るような気がします。
 このまま書き続けていってもらいたいと痛いほど感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつめの月

ふたつめの月

『ふたつめの月』

近藤 史恵 (著)
価格: ¥ 1,650 (税込)
単行本: 253ページ
出版社: 文藝春秋 (2007/05)
ISBN-10: 4163259600
ISBN-13: 978-4163259604
発売日: 2007/05
商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm

近藤史恵さんの既読書
 サクリファイス
 タルト・タタンの夢
 天使はモップを持って
 モップの精は深夜に現れる
 モップの魔女は呪文を知ってる


 セブン&○イがリニューアルで書籍の表示方式が変わってしまい、今後はAmazonの表示をコピーすることにしました。長らく使ってきたセブン&○イですが、とうとうお別れの時が来たようです。
 コンビニで受け取ることが出来るのはよいのですが、手順が難しいのか余りよい顔をされません。
 到着物も1週間経つとやっかいばらいができたとばかりに、即決返送されてしまいます。
 最近は全く使わなくなっていました(図書館の利用で本も買わなくなってきていますし・・)。

 この本は「賢者はベンチで思索する」の続編のようで、そっちを読んでないのが残念。
 これだけでも十分楽しめましたが、読むべきものを読んでから臨むべきでした。
 近藤さんは著作物が多いので、一度きちんとリサーチする必要があるなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

硝子のハンマー

硝子のハンマー

『硝子のハンマー 』

硝子のハンマー
角川文庫 き28-2
著者/訳者名 貴志祐介/〔著〕
出版社名 角川書店 (ISBN:978-4-04-197907-5)
発行年月 2007年10月
サイズ 604P 15cm
価格 780円(税込)

 推理作家協会賞

 凄い。完璧なトリックです。
 森さんなどが喜びそうなトリックですが、森さんと全く違うのは、後半じっくり時間をかけて犯人の目から解決編をかいていることで、動機・そうせざるを得なかった感情の動きなど、きちんと物語にしているところです。
 そこをおろそかにしてしまわないところが貴志さんは素晴らしい。
 貴志さんもこの本も高い評価を得ているのが頷けます。
 傑作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セカンド・サイト

セカンド・サイト

『セカンド・サイト 』

文春文庫 な51-1
著者/訳者名 中野順一/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:4-16-767981-7)
発行年月 2006年04月
サイズ 367P 16cm
価格 670円(税込)

 第20回サントリーミステリー大賞受賞作

 中野順一さんの読了本
 ロンド・カプリチオーソ

 「ロンド・カプリチオーソ」のシリーズの前の本になります。
 主人公の年齢が分からん?(文庫本ではもう少し分かりやすくなっているかもしれません)
 中学出て1年半なら、16才です・・??酒を出すところで働けるわけがないと思います。
 どう考えても20代前半の設定でないとおかしいと思うのですが・・。
 それ以外は、とても楽しく読める本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モザイク事件帳

モザイク事件帳

『モザイク事件帳 』

モザイク事件帳
創元クライム・クラブ
著者/訳者名 小林泰三/著
出版社名 東京創元社 (ISBN:978-4-488-01230-4)
発行年月 2008年02月
サイズ 309P 20cm
価格 1,785円(税込)

 小林泰三さんの読了本
 海を見る人
 ΑΩ

 小林さんは、「海を見る人」のもの凄い美しさ(グロテスクさと紙一重です)の印象が強すぎて、SF作家さんとして自分の中では分類されていますが、ミステリィもユーモアが効いていて面白く読めました。
 今見直すと、「海を見る人」と「グラン・バカンス」を続けて読んで居るんですね・・。幸せな日々だったなあ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうふくみどりの

こうふくみどりの

『こうふくみどりの』


著者/訳者名 西加奈子/著
出版社名 小学館 (ISBN:978-4-09-386206-6)
発行年月 2008年03月
サイズ 254P 20cm
価格 1,365円(税込)

 西加奈子さんの読了本
 しずく 2007/07
 通天閣 2006/12
 さくら  2006/10
 きいろいゾウ 2006/08

 アマゾンに動画が貼り付けてあって、著者のインタビューでした。
 西さんは、綺麗なお嬢さんなので、こういう企画もなかなか良いと思いました。
 ブロードバンド人口の半分がFTTHになっている現状では、より高品質の動画がいたるところに貼り付けてある状態になるのでしょうか?楽しみです。
 (著作権を考慮して、アマゾンとアフリエイトを結んでいますが、きちんとやっていないので、ここから入って本を買ってくれても自分にはぜんぜん落ちてきませんので宣伝で書いているわけではありません。安心?してリンクをクリックして見てみてください)
 さて、この本はなかなか一筋縄ではいかない、結構タフな本です。意欲作なのでしょう。
 西さんは才能豊かですごく期待できる作家さんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »