2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« まほろ駅前多田便利軒 | トップページ | 嘘つき。 やさしい嘘十話 »

2008.04.22

私の男

私の男

『私の男』

著者/訳者名 桜庭一樹/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:978-4-16-326430-1)
発行年月 2007年10月
サイズ 381P 20cm
価格 1,550円(税込)

2007年度下期 直木賞受賞作

桜庭一樹さんの既読書
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
桜庭一樹読書日記 少年になり、本を買うのだ。
青年のための読書クラブ
赤朽葉家の伝説
少女七竈と七人の可愛そうな大人
少女には向かない職業
 

 う~ん。
 これで直木賞を取ったのは桜庭さんにとって良かったのでしょうか?

 先日読んだばかりの「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」のテーマを展開した作品です。
 これはこれで良い本だと思いますが、お子様と呼ばれててしまうかもしれませんが、「砂糖菓子・・」の方が好きです。

« まほろ駅前多田便利軒 | トップページ | 嘘つき。 やさしい嘘十話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の男:

« まほろ駅前多田便利軒 | トップページ | 嘘つき。 やさしい嘘十話 »