« 井戸の茶碗/今戸の狐 古今亭志ん朝 | トップページ | 銀漢の賦 »

2008.03.23

ルピナス探偵団の憂愁

ルピナス探偵団の憂愁

『ルピナス探偵団の憂愁 』

創元クライム・クラブ
著者/訳者名 津原泰水/著
出版社名 東京創元社 (ISBN:978-4-488-01225-0)
発行年月 2007年12月
サイズ 246P 20cm
価格 1,785円(税込)

 津原さんは「ブラバン」を読んでよい作家さんだなあと思い、「綺譚集」を読み始めて驚いて放棄した。といういろいろな面を持った作家さんのようです。
 この本は、ラノベの雰囲気を引きずっている本ですが、創元社から出ているだけあり、しっかりしたミステリーになっています。
 それぞれのお話のラストにきちんと述べたいことを出していて、その辺がラノベ的と感じたのですが、いずれも青少年に読ませたいような内容で、ちょっと優等生過ぎるのではないかと思ってしまうほどです。

|

« 井戸の茶碗/今戸の狐 古今亭志ん朝 | トップページ | 銀漢の賦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルピナス探偵団の憂愁:

« 井戸の茶碗/今戸の狐 古今亭志ん朝 | トップページ | 銀漢の賦 »