2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« ちょっと自慢 | トップページ | 円朝芝居噺 夫婦幽霊 »

2008.03.16

ラス・マンチャス通信

ラス・マンチャス通信

『ラス・マンチャス通信』

著者/訳者名 平山瑞穂/著
出版社名 新潮社 (ISBN:4-10-472201-4)
発行年月 2004年12月
サイズ 269P 20cm
価格 1,470円(税込)

 なんかな~。
 よくわかりませんでした。
 現実に近いところでちょっと違うと怖いんだけど、けっこう大きく違うので逆に「東京」とか平気で出てくると違和感がある。・・・・が、これが良いのかもしれない。

 この現実と連続していながら、現実とは明らかに違う世界は、「夢」に近いのかもしれません。
 終わらない「悪夢」のような世界ですか・・。

« ちょっと自慢 | トップページ | 円朝芝居噺 夫婦幽霊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラス・マンチャス通信:

« ちょっと自慢 | トップページ | 円朝芝居噺 夫婦幽霊 »