2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 本屋大賞ノミネート作品 | トップページ | オチケン!◆大倉崇裕 »

2008.02.06

ブックストア・ウォーズ

ブックストア・ウォーズ

『ブックストア・ウォーズ』

ブックストア・ウォーズ
著者/訳者名 碧野圭/著
出版社名 新潮社 (ISBN:978-4-10-305671-3)
発行年月 2007年10月
サイズ 251P 20cm
価格 1,470円(税込)

 碧野圭さんは初読みです。これは書店もの。
 東京郊外のペガサス書店1号店。ビルの3階分占めている大型書店、地方では老舗です。
 前半は、2人の主人公、40代になってしまった独身女性副店長と20代後半で他人もうらやむ結婚をしたコネ有り女性店員との確執が長く続くきます。
 両方とも大人なのに・・・、と不思議に感じます。
 まわりの男性店員が副店長の出世に反感を持っていて足を引っ張るという、なんかなあという部分もあります。
 しかし、月額500万円の売上アップのために、一致団結してがんばる後半は怒濤の展開で楽しめました。

 前半部分、決してほめられたものではない主人公2人を時間をかけて描いているから、後半の展開が生きてくるのかもしれません。

« 本屋大賞ノミネート作品 | トップページ | オチケン!◆大倉崇裕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブックストア・ウォーズ:

« 本屋大賞ノミネート作品 | トップページ | オチケン!◆大倉崇裕 »