« 厭犬伝 | トップページ | ブックストア・ウォーズ »

本屋大賞ノミネート作品

2008年本屋大賞ノミネート作が発表されていました。

赤朽葉家の伝説』 桜庭一樹
『悪人』 吉田修一
有頂天家族』 森見登美彦
映画篇』 金城一紀
『カシオペアの丘で』 重松清
『ゴールデンスランバー』  伊坂幸太郎
サクリファイス』 近藤史恵
鹿男あをによし』 万城目学
『八日目の蝉』 角田光代
私の男』 桜庭一樹

 桜庭さんが2冊ノミネートと、直木賞受賞に続いてすごいことになっています。
 しかし、自分の選んだ10冊と比べると、『赤朽葉・・』しか共通の本がない!。まだまだ読書量が足りないですね・・。
 直木賞などは1冊も読んでなかったし。トホホ・・。
 未読の本については、なるべく早めに読んでみたいと思います。楽しみです。
 それにしても、『図書館革命』が無いとは・・。本当に意外です。
 1度読み出したら、必ず4冊セットで売れるという本屋ウハウハの商品だと思うのですが・・。

|

« 厭犬伝 | トップページ | ブックストア・ウォーズ »

おぼえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74957/17941594

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋大賞ノミネート作品:

« 厭犬伝 | トップページ | ブックストア・ウォーズ »