« 砂楼に登りし者たち | トップページ | となり町戦争 »

2007.12.29

館島

館島

『館島』

ミステリ・フロンティア 16
著者/訳者名 東川篤哉/著
出版社名 東京創元社 (ISBN:4-488-01714-2)
発行年月 2005年05月
サイズ 318P 20cm
価格 1,785円(税込)

 これも桜庭さんの読書日記に紹介されていたものが、図書館にあったので借りてみました。
 岩合重力さんのカバーなのですが、これは本の内容とちょっと・・。
 「犬はどこだ」のときも思ったのですが、ちょっと重厚すぎるんですね。
 特に、この本は「本格」ですが、「コメディタッチ」(かなり空回りしている感じもしますが・・)なので、こんなに「館島!!!」って感じにしてしまうと、おどろおどろしい、八墓村っぽいものを想像してしまいませんか?
 以下の感想にはネタバレがありますので、未読の方はご注意ください。

 

 「砂楼に・・・」でも書いたとおり、このタイプのトリックはあまり好み出ないので・・。
 見取り図を見たときに、想像したとおりのトリックだったし・・・。

|

« 砂楼に登りし者たち | トップページ | となり町戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 館島:

» 密室に向かって撃て!(東川 篤哉/著) [活字中毒のブックレビュー,館島]
密室に向かって撃て!を読了しました。 [続きを読む]

受信: 2008.01.16 18:28

« 砂楼に登りし者たち | トップページ | となり町戦争 »