« 楽昌珠 | トップページ | 号泣する準備はできていた »

2007.12.14

赤目四十八滝心中未遂

赤目四十八滝心中未遂

『赤目四十八滝心中未遂』

文春文庫
著者/訳者名 車谷長吉/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:4-16-765401-6)
発行年月 2001年02月
サイズ 280P 16cm
価格 470円(税込)

『1998年上半期直木賞受賞作』

 映画化されたのは知っていましたが、あまり食指が動くような本ではありませんでした。
 どろどろした「情念の世界」って感じしますし、映画の主演が寺島しのぶさんだし・・。
 しかし、直木賞候補作で未読のものから少しずつつぶして行こうと思っていた一環で借りてみました。
 選評(Web上の非公式なものなのできちんとしているかは判りませんが)を読むと相当良い本らしいと思っていました。

 読んでみると、すごく濃密な語り口、映画的な切り取った画で感情を表現する技法が素晴らしいと思いました。すごい作家さんです。
 他の作家さんの文章がスカスカに思えるほど、濃い文章が続きます。「文学」とはこういうものなのかな?と思いました。
 車谷さんの本を再び手に取るかは判りませんが、読んで良かったと思っています。

|

« 楽昌珠 | トップページ | 号泣する準備はできていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤目四十八滝心中未遂:

« 楽昌珠 | トップページ | 号泣する準備はできていた »