2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 死神の精度 | トップページ | 赤目四十八滝心中未遂 »

2007.12.12

楽昌珠

楽昌珠

『楽昌珠』

著者/訳者名 森福都/著
出版社名 講談社 (ISBN:978-4-06-214346-2)
発行年月 2007年10月
サイズ 250P 20cm
価格 1,785円(税込)

 森福さんははじめて読みました。
 この本は中国を舞台にしたファンタジー。唐の武則天~玄宗の時代の物語ですが、韋后が出てこなかったり、玄宗を出しながら楊貴妃が出ないなど微妙に調整されているのかもしれません。中国史に蒙いのでよく解りませんが・・。
 お話としてはなかなか楽しい内容なのですが、ラスト近くになって「胡蝶の夢」の様に夢と現実のどちらが本当なのかはっきりしなくなっていきます。
 3人の主人公のうち、2人が「夢」だと思って行動しているのに、1人はそうだと思わず行動するためお互いの行動がかみ合わなくなったりします。なかなか面白い。
 全体としては、やや軽い感じ(所詮は夢の話ですから・・)は否めませんが、あんしんして読めるファンタジーです。

« 死神の精度 | トップページ | 赤目四十八滝心中未遂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽昌珠:

« 死神の精度 | トップページ | 赤目四十八滝心中未遂 »