2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« めぐらし屋 | トップページ | 夕映え◆宇江佐真理 »

2007.11.28

黄金の王 白銀の王

黄金の王 白銀の王

『黄金の王 白銀の王』

著者/訳者名 沢村凛/著
出版社名 幻冬舎 (ISBN:978-4-344-01398-8)
発行年月 2007年10月
サイズ 410P 19cm
価格 1,680円(税込)

 「カタブツ」「あやまち」と読んできたので、沢村さんに対してそういうイメージが出来てしまい、ファンタジーの人とは思っていませんでした。「ヤンのいた島」で第10回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を取ってメジャーになった人でした。
 それと、セブン&ワイで「SF、ミステリー > 日本幻想文学 男性作家 」に区分されていて、男性の方と知って驚きました。絶対女性だと思っていました。

 この本は、よいファンタジーですが、固有名詞の扱いに違和感を感じます。
 普通読まないし、読めないし。
 これなら、中国の名前の方がよほど読めます。このような固有名詞がお好きなのでしょうが、読者の読みやすさを優先させた方が良かったのではないかと思います。
 表紙イラストは・・・。些末なことなのでここでは触れません。

/--------追記
 やっぱり、沢村さんは女性ですね。名前的にも女性ですもんね。
 またセブン&ワイにだまされてしまいました(有川さんとか、他にもいたような)。

« めぐらし屋 | トップページ | 夕映え◆宇江佐真理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の王 白銀の王:

« めぐらし屋 | トップページ | 夕映え◆宇江佐真理 »