2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ソロモンの犬 | トップページ | 幸福な食卓 »

2007.10.17

インシテミル

インシテミル

『インシテミル』
著者/訳者名 米澤穂信/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:978-4-16-324690-1)
発行年月 2007年08月
サイズ 447P 20cm
価格 1,680円(税込)

 米澤さんのミステリィの中も、ゲーム感覚が強いと思われる1冊。
 ゲームやパズルとして読む分には良いのだと思いますし、最初の注意書きで米澤さんもそれを宣言しているということでしょう。
 自分が米澤さんに望んでいるのは「さよなら妖精」なので、ちょっと方向が違いますが・・。
 余談ですが、1千万円の札束は高さが10センチ位なので、ちょうどレンガくらいの大きさになります。
 4千万円で山を作ると言うことは・・。お札は5千円札だったのでしょうか!?
 
 この本も藍色さまの「粋な提案」の書評を見て読みました。藍色さまにはいつも良い本を紹介していただいて、感謝しています。
 トラックバックも送らせてもらいました。ありがとうございました。

« ソロモンの犬 | トップページ | 幸福な食卓 »

コメント

こんにちは。
今回もリンク付きの記事、ありがとうございます。
最初の宣言が強烈でしたね。
こういうクローズドサークルもののミステリって
久しぶりだったので、とっても楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インシテミル:

» インシテミル 米澤穂信 [粋な提案]
装幀は関口信介。装画は西島大介。書き下ろし。 車がほしい大学生・結城理久彦は高給の怪しげな実験モニターに応募。選ばれた男女12人は閉ざされた地下室「暗鬼館」で7日間を過ごすことに。凶器を与え膨大な報酬で「殺人」を... [続きを読む]

« ソロモンの犬 | トップページ | 幸福な食卓 »