2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 男の縁 | トップページ | 夏の力道山 »

2007.10.09

温室デイズ

温室デイズ

『温室デイズ』
著者/訳者名 瀬尾まいこ/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-873583-7)
発行年月 2006年07月
サイズ 203P 20cm
価格 1,365円(税込)

 学級崩壊、いじめを扱った物語。
 今まで読んだ瀬尾さんとはかなり違っていいます。
 これまでのお話の、ブラウン管の中か、スクリーンの中にいるかのように存在が希薄な登場人物たちが暖かいお話を演じている・・。という感じから、はっきり顔の見える主人公たちが、苦悩しているのが実感として伝わってくるように思いました。
 自分の職場のお話を書く(しかもかなり悲惨な状態を書く)のは瀬尾さんとしても勇気がいることだったと想像します。
 正直言って、瀬尾さんを見誤っていました。この本には大変感銘を受けました。
 (ラストのエピソードは、ちょっと疑問でしたが・・。やはり、救いがないと・・ということなのでしょうか?)

« 男の縁 | トップページ | 夏の力道山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温室デイズ:

» 教師と親の「共育」で防ぐいじめ・学級崩壊 [子育て・育児の相談駆け込み寺]
幼年期の育児はとても難しいものですが少年期の育児はもっと複雑です。それは親とのコミュニケーションだけでな [続きを読む]

« 男の縁 | トップページ | 夏の力道山 »