2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 青年のための読書クラブ | トップページ | 海辺の博覧会 »

2007.10.04

水上のパッサカリア

水上のパッサカリア

『水上のパッサカリア 』
著者/訳者名 海野碧/著
出版社名 光文社 (ISBN:978-4-334-92541-3)
発行年月 2007年03月
サイズ 345P 20cm
価格 1,470円(税込)

第10回日本ミステリー文学大賞新人賞

良くできたハードボイルドです。
主人公の恋人「奈津」があまりにも素敵で、まあ、中年の男性にとって一つの理想像なのかもしれません。
でもな~、結局主人公はガジェットを愛するように奈津を愛していたのかなぁ・・?
というのが、ラスト近くでわかる事にたいする感想。

« 青年のための読書クラブ | トップページ | 海辺の博覧会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水上のパッサカリア:

« 青年のための読書クラブ | トップページ | 海辺の博覧会 »