2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 1950年のバックトス | トップページ | 花宵道中 »

2007.10.04

俳風三麗花

俳風三麗花

『俳風三麗花』
著者/訳者名 三田完/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:978-4-16-325860-7)
発行年月 2007年04月
サイズ 324P 19cm
価格 2,300円(税込)

 直木賞の候補作でというだけで手に取った本でしたが、思いの外面白く、感心しました。
 俳句って、こうやって作るんですね。
 この本を読んだ後でNHKで俳句の番組があり、同じように句会をやっていたのでつい見てしまいました。
 確かに、17文字で森羅万象、喜怒哀楽全てを表してしまおうという、俳句の深さを感じました。
 俳句を横糸に、句会に集まる3人の生い立ちも個性も違った女性の成長を縦糸にして出来たお話ですが、
 縦糸も充分面白く、思わぬ拾いものでした。

« 1950年のバックトス | トップページ | 花宵道中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳風三麗花:

« 1950年のバックトス | トップページ | 花宵道中 »