2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パーク・ライフ | トップページ | 闇鏡 »

2007.09.13

塩の街

塩の街

『塩の街 』
著者/訳者名 有川浩/著
出版社名 メディアワークス (ISBN:978-4-8402-3921-9)
発行年月 2007年06月
サイズ 421P 20cm
価格 1,680円(税込)

 有川さんのデビュー作「塩の街 Wish on my precious (電撃文庫 0894)」をちょっと手直しして、後日談とともにハードカバーにした本。
 文庫からハードカバーへのリメイクは珍しいのでしょうね。
 極限状態での女子高校生とジェット機乗りの恋という、全く有川さんらしい本で、やっぱり最初からこうだったのね・・。とうなずけます。
 中年になって、電撃は無いでしょう・・。という私のような人のための本かもしれません。
 ホワイトハートの十二国記と近いものがあります。

 真っ直ぐな恋が眩しい本です。良いですね。

« パーク・ライフ | トップページ | 闇鏡 »

コメント

こんにちは。
デビュー作からしっかりラブロマでうれしかったです(笑)。
真っ直ぐな恋がステキでした。

こちらにもトラバさせていただきました。

藍色さま、ご来訪ありがとうございます。
今、会社で休日出勤の合間に書いています。
コメントにお返事を書かねばと思っているうちに、PCが壊れてしまったりして、後回しにしてしまいました。ごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩の街:

« パーク・ライフ | トップページ | 闇鏡 »