2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 竜巻ガール | トップページ | 風が強く吹いている »

2007.09.20

夜想

夜想

『夜想』
著者/訳者名 貫井徳郎/著
出版社名 文芸春秋 (ISBN:978-4-16-325990-1)
発行年月 2007年05月
サイズ 447P 20cm
価格 1,750円(税込)


 はじめて貫井さんを読みました。
 貫井さんは加納さんの旦那さんなので、昔から気になってはいたのですが、重いお話が多いと聞いていたのでつい敬遠していました。
 この本も「本の雑誌」で北上さんが「救い」の本であると紹介していなければきっと読まなかったと思います。
 読んでみると、すごく面白く、きっと悲劇的に終わるのだろうなぁ・・と怖れつつも一気に読んでしまいました。
 そして・・。あれ?北上さんの言ったとおりじゃん。
 すごく感動したとは言えないけれど、結構感動したし・・。

 結論としては、貫井さんは加納さんにふさわしい素敵な人に違いないと確信を持った。・・ということです。
 加納ファンとしては大変喜ばしい。
 自動車事故にだけは気をつけてください。

« 竜巻ガール | トップページ | 風が強く吹いている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜想:

« 竜巻ガール | トップページ | 風が強く吹いている »