2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ワーキング・ホリデー | トップページ | D列車でいこう »

2007.08.22

吉原手引草

吉原手引草

『吉原手引草 』
著者/訳者名 松井今朝子/著
出版社名 幻冬舎 (ISBN:978-4-344-01295-0)
発行年月 2007年03月
サイズ 256P 20cm
価格 1,680円(税込)

 直木賞受賞作

 消えた花魁「葛城」についての関係者の証言を集めた形になっています。
 周りからの証言を集めて、一人の人間を描き出すのは大変難しいと思います。
 このような形を取るなら、「葛城」をもっと「異常な」人にした方が良かったのではないかと思います。
 これでは驚きがない。
 良い作品で、直木賞に選ばれたのですから、ほめる必要はないでしょう。
 自分としては「非道・・」や「家、家」の方が好きなのですが・・。

« ワーキング・ホリデー | トップページ | D列車でいこう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉原手引草:

« ワーキング・ホリデー | トップページ | D列車でいこう »