« まだ見ぬ冬の悲しみも | トップページ | バッテリー 2 »

2007.06.11

バッテリー

バッテリー
『バッテリー』

角川文庫
著者/訳者名 あさのあつこ/〔著〕
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-372101-3)
発行年月 2003年12月
サイズ 262P 15cm
価格 540円(税込)

 主人公の「巧」君がとっても嫌なやつで、出てくる大人がみんなステレオタイプでがっかりしてしまう。
 この本が何故評価されているかイマイチわからない。
 さらに、「あとがき」は最低。
 面白いので最後まで読むつもりですが、「あさのあつこ」さん、このあとがきは変ですよ。
 「弥勒の月」は、すごく嫌な話だった上にラストはバタバタでしたが、これだけの人なのでしょうか?

|

« まだ見ぬ冬の悲しみも | トップページ | バッテリー 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー:

« まだ見ぬ冬の悲しみも | トップページ | バッテリー 2 »