2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« シャドウ | トップページ | ミーナの行進 »

2007.04.27

東京バンドワゴン

東京バンドワゴン
『東京バンドワゴン』

著者/訳者名 小路幸也/著
出版社名 集英社 (ISBN:4-08-775361-1)
発行年月 2006年04月
サイズ 277P 20cm
価格 1,890円(税込)

 これは「寺内貫太郎一家」?ですか??
 末尾に謝辞がありましたが、やっぱりホームドラマを意識して書いているのですね。
 すごく楽しく読むことができました。いいなあこの世界、この家族。
 ミステリィとしてはやや弱いのかもしれませんが、謎解きも楽しく、本当に素敵な本でした。
 5月に続編が出るようでが、楽しみです。

 いつも参照させてもらっているブログ「本のある生活」を見ると、「ムー」「ムー一族」があがっていますね。
 こっちはよく覚えていませんが、郷ひろみが出ていたようです。「寺内・・・」は西城秀樹でした。
 いつも勝手にリンクしたり、トラックバックを送ってしまっています。どうもありがとうございます。
 

« シャドウ | トップページ | ミーナの行進 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京バンドワゴン:

» 「東京バンドワゴン」小路幸也 [本のある生活]
東京バンドワゴン あちこちのブログで見かけてすごく気になってたんです。やっと読みました。勝手に音楽の話に違いないって思ってたんですが、音楽も出てくるけど(我南人さんですよ)、東京バンドワゴンという何代も続く古本屋さん(しかも今はカフェ併設!)の話でした....... [続きを読む]

« シャドウ | トップページ | ミーナの行進 »