2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« | トップページ | 痛すぎる。 »

2007.02.26

最後のウィネベーゴ
『最後のウィネベーゴ』

奇想コレクション
著者/訳者名 コニー・ウィリス/著 大森望/編訳
出版社名 河出書房新社 (ISBN:4-309-62197-X)
発行年月 2006年12月
サイズ 380P 20cm
価格 1,995円(税込)

 bk1の画像、何となくうまくいくようになってきた。
 htmlを読もうと思ったが、よくわからない。勉強しなきゃ。
 さて、ウィリスはこれまで長編が3冊紹介されていて、長編作家かと思っていたら、短編も名手なのだそうです(巻末の大森氏の解説による)。
 本書は表題作以外はユーモアにあふれた作品が3作と、とてもすばらしい表題作とで組まれています。
 翻訳本を見ると、基礎としての知識の差(文化の差とでも言えるでしょうか?)を痛感します。
 博多花丸の児島清さんの物まねをアメリカ人が笑えないように、どうしようもないギャップは存在します。
 まあ、気にしなければ良いんでしょうか・・。

« | トップページ | 痛すぎる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 痛すぎる。 »